2011年04月29日

JYJエイベックス訴訟、KARA和解、交錯した歩み

201104291628778872_1.jpg

コルグループ カラーが所属会社と紛争を合意に導いた中で、JYJと関連した訴訟は日本でも追加で進行していて切なさを感じている。
カラーが去る28日劇的にDSP復帰を宣言したが、彼と同時にJYJの日本訴訟事実が知らされたこと。 日本の韓流ファンたちは安堵と遺憾をかわるがわる感じたわけだ。

カラーはこの日午後カラー3人がDSPメディアに復帰することにしたと公式発表した。 去る27日日本で6月末に発表される新曲録音を終えたカラー3人側はこの日夜遅くマラソン会議を経て所属会社復帰を決めた。

引き続き28日新しいシングル ジャケット撮影を終えたし来る5月10日ミュージックビデオ撮影を控えている。 一月余りぶりに会ったメンバーらのあいだの雰囲気は悪くなかったことから伝えられた。 カラー3人側とDSPメディア全部ファンたちに心より了解を求めた状況.

国内叔父ファンたちはもちろんで日本ファンたちは大きく喜んだ。 ツイッターには'カラー復活の日だ'などの歓呼がずっと続いた。

反面東方神起のファンたちはもう一度失望しなければならなかった。 葛藤がさらに長くなる展望のため。

東方神起の日本マネジメントを受け持っているエイベックスはこの日JYJ側から訴訟にあったことを知らせる公示を発表した。 エイベックスは"去る4月5日JYJが東北関東地震支援自選(慈善)イベントを開催すると発表したが、このイベントは日本でJYJの独占的なマネジメント権を保有している当社の許諾を求めないで企画されたこと"としながら"当社がこれに対応して、JYJ側は当社の対応が不当だとし東京地方裁判所に2件の仮処分を申請した。 JYJのファンのみなさんらは特別に専属契約を解くように数回意見を送って下さった。 一方では複数(復讐)の反社会的勢力から抗議などを受けたりさらに当社の代表理事陣らに対しても脅迫行為が続いている"と明らかにした。

ファンたちと所属会社が相当な感情の谷を表わしたわけだ。 これと関連してある葛藤は続く展望. エイベックスは"訴訟などの問題が解決される時までJYJのアーティスト活動を休止しなければならない状況には変わりない"と釘を刺した。

その他の東方神起情報を見る

東方神起関連商品




posted by kazu at 19:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東方神起
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。