2011年04月29日

JYJ "日本訴訟、ファン達のためにあらゆることかけて戦うこと"

201104290737775909_1.jpg

グループJYJが日本エイベックスを相手に公演開催妨害疑惑で日本で訴訟を提起した中でその結果が成り行きが注目されている。
JYJの担当エージェンシーシジェスエントテインモントゥ側は日本、東京地方裁判所に"日本大地震関連慈善イベント取り消しと関連したエイベックスの対応が不当だ"として公演開催妨害疑惑仮処分申請をした。

28日午後2時頃シジェス側は自身の日本語ページにこれと関連してある立場表明文を掲載した。

JYJペク・チャンジュ代表は文を通じて"去年エイベックスとの契約休止によってJYJが日本で活動をすることができない状況の中でもJYJのワールドワイドアルバムおよび活動に熱い声援を送って下さった点に対して常に感謝の気持ちを持っています"として"去年3月東日本大地震により日本が悲しみに浸った時JYJまた、家族の気持ちで哀悼しました。 そして皆さんに受けた愛に報いようと東日本地震再建のための慈善コンサートを企画することになりました"と伝えた。

引き続き"だが、良い気持ちで始めた私たちの真心とは関係なしでコンサート場所が取り消しになるなどの外圧が発生しています。 すでにチケットが販売されて公演を待つ多くの方々に心配をかけて差し上げることになって申し訳ありません"として"私はJYJの舞台を長い間の間待った日本割った方々なので取りそろうことが出来ない公演をリリースして差し上げることができなくて公演取り消しまで考えたがJYJを信じることで黙黙と待たれた多くの割った方々との約束を守るために公演を押し切ることに決めました"と今回の事態の背景に対して説明した。

"日本ファンのみなさんらも今回の公演の意味が一回だけの性質でない今後のJYJ日本活動に対する信号弾と考えて下さるのをお願いします。 下記に今回の公演の場所が少しは劣悪で、不足した状況でも私たちの真心を信じて応援して下さるのを丁寧にお願いします"と付け加えた。

また"今後もJYJはこのような圧力に屈しないで日本ファンたちにJYJの音楽を聞かせることができる席ならばどこでも探して行くでしょう。 私もまた日本ファンたちの信頼に報いようとまたJYJの音楽を聞くことができて彼らの話を聞けるように私すべてを賭けて戦っていくでしょう。 日本ファンのみなさん今までしてきたことのように今後もJYJの強固な支援軍になって力を加えてくれるように丁寧にお願いします。 信頼があるので(に)、私たちはできます"としてファンたちの支持を頼んだ。

この文に接したエイベックス側は直ちにこの日公式ホームページを通じて"日本大地震慈善イベントはJYJの日本国内独占的なマネジメント権限を保有している当社の事前許諾なしで企画されたこと"としながら"日本国内独占的なマネジメント権限を保有した当社としてはその侵害行為に対して正当で当然の対応をしただけ"と主張した。

また"今回の件により反社会勢力から抗議を受けたり当社の代表理事陣らに対する脅迫行為が続いている状況"と話した。

今回の事態に関連した公演関係者は"(エイベックス側は)権限主張をしているけれど一方的な休止であり、DVDなどの収益事業などは繰り広げながらも写実的にはJYJの日本活動を防いでいると考える"として"彼らがSMとは別個で日本の独自のマネジメント契約であったし、SMの契約を無効化する訴訟が進行される現状況でJYJの活動を休止させて邪魔するのは正当になれないと考える"と惜しんだ。

その他の東方神起情報を見る

東方神起関連商品




タグ:JYJ
posted by kazu at 13:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東方神起
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。