2011年04月11日

インタビュー: JYJキム・ジェジュン"孤独だということ音楽で克服中"

l391204201104101925370.jpg

JYJのメンバーキム・ジェジュン. インタビューで先立って会った彼の表情は明るかったし、声は軽快だった。 直前に行ったインタビューで"ビール何杯を飲んだ"として今回のインタビューも'2次'を兼ねようといった。
他の媒体とインタビューを終えたところはソウル、新門路(シンムンロ)のあるカフェ. 彼がした時生きた三成洞(サムソンドン)のある飲み屋に移動した。 共に動いた自動車中で彼は雰囲気を解くためにこの頃関心事を取り出した。 すぐに日本地震と放射能とからまった誤解と真実に対する話であった。 結構識見がくっついて出た。 "新聞や本をたくさん読むか"と尋ねたところ"本よりは人々から多くのことを習います"という返事が渡してきた。

飲み屋に到着するとすぐにアルミニウムで作られた食卓の上に携帯電話端末機をいくつか吐き出した。 携帯電話端末機が六個、その中には日本で使った機種もあった。 端末機ごとに業務用、家族用で区別しないのだ。 一時1,000人余りを越えた連絡先もたくさん削除した。

"一人の力で破って行って見たら一つ二つ遠ざかるこれらもいましたよ。 さびしい心に連絡をしないから周囲の人も減るようだし…. それでも私にはメンバーとファンたちがいます。"

キム・ジェジュンの話の中には複雑さが埋めていた。 彼はツイッター(@mjjeje)プロフィールに'JYJ from東方神起(東方神起)'と少ないかと思えばインタビューがあった日には'JYJ.'というトゥウィッを上げた。 過去と現在、夢と現実が入り乱れるのではないか?

"東方神起が私の初めてであることは当然であることで、変わらないんです。 特別な意味がありはしなかったです。 'JYJ.'という文を載せたのも、朝起きてみるとふと自分の生き様のすべてのことがすぐに'JYJ'という感じが入ってよ。 終止符ですか? 音、それは本当に特別付ける意味なかったが…. ハハ。"

キム・ジェジュンはこの日いくつかの媒体と行ったインタビューで"つきあった異性(理性)が4人だった"等私的な話もありのままに出した。 彼の複雑多端な家族の話なども打ち明けたが彼が直ちにしたかった話は'音楽'だったとした。

"タイ公演で舞台総演出を引き受けながら多くのことを習いました。 総演出という修飾語を持つようになりながら多くの悩みがありましたよ。 うまくいけばスタッフおかげ、できなければ私のせいにならないだろうか心配もしましたよ。 どうせ決心したことなのにあらゆる事を私が責任を負いたかったです。 公演に先立ち先に行って舞台配置から移動経路まで几帳面にチェックしましたよ。 よく終わって幸いだが、事実遵守と柳川(ユチョン)がおかげが大きいです。 ハハ。"

JYJは去る2,3日タイ、バンコクのインパクト アリーナ公演会場で <월드 투어 2011>ロ2万2,000人余りのファンたちに会った。 キム・ジェジュンは照明、同船、衣装などの部分までスタッフとともにあらゆる事を共に作った。 舞台の下次の舞台を準備するために移動する時間をチェックするためにストップウォッチを持って直接飛び回った。

"歌を歌う歌手だから'、こういう部分があればどうだろうか'考えたことが多いです。 前に演出をたびたびすることになればもう少し完成された舞台を作ることができないでしょうか?"

今回のワールドツアーはアジアと北米主要都市を回って6月11,12日韓国舞台で有終の美を飾る。 キム・ジェジュンは初歩演出者だが前に少しずつ良くなって完成されることだと自信を持った。 コンサートでJYJメンバーらの自作曲をびっくりリリースするのもファン(パン)らのための異色な贈り物だった。

"ファンたちも感じたがこの頃音楽的な色が素早く変わったことのようです。 <낙엽(Fallen Leaves)>同じ歌は以前にはなかったんですよ。 ビットがない歌を私たちがすることができるかと思ったこと事実です。 変化をずっと追求するために火星悪を習うか悩んでいます。 歌を作って見たら理論的な土台も必要なようだよ。"

時間が過ぎるほど、焼酎杯が卑語渇水録彼の話には冗談より胸の内がくっついて出た。 全(前)所属会社と関連した事件を眺めながら感じた胸の内、少しずつ変わって行くいくつかの同僚と後輩ら、そして傷を受けながら自身も知らないうちに積もっていく外部と壁などを話した。 何より他のメンバーらのように多様な活動をしたいという言葉を何度も繰り返して言った。

全(前)所属会社と葛藤がだんだんなくなればTVを通じてファンたちとしばしば会えることだと期待したとのことが彼の吐露. だが、彼の期待はなされないでいる。 ファンミーティングをする時時々涙を見せる彼の姿が浮び上がった。 ウェロムニャは話にかえって笑いでうなずく返事をした。

"どこでどのようにファンたちと会うだろうか? 事実この頃悩みの大部分がすぐにそれでしょう。 うまくいくことと信じます。 一生歌を歌って生きるつもりなのに、疲れてはいけないでしょう。 ハハ。"

その他の東方神起情報を見る

東方神起関連商品




posted by kazu at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東方神起
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。