2011年03月16日

イ・ビョンホン7億,JYJ 6億…韓流スター、寄付は継続



日本地震被害を助けるための韓流スターらの寄付先行が続いている。
ペ・ヨンジュン・リュ・シウォン・ソン・スンホン・チェ・ジウなどに続きイ・ビョンホンも7億ウォンを大韓赤十字社に寄付することにした。

イ・ビョンホン側は16日"その間日本の被害状況を惜しんでいろいろ助ける方法を悩んでまず寄付を出す側に決めた。 5000万円(約7億ウォン)を大韓赤十字社に寄付する計画"と明らかにした。

イ・ビョンホンは去る11日発生した日本地震被害に接してその間残念な心情を明らかにした。 彼は公式ホームページを通じて"今差し上げることができるのはいくつかの節のやめるだけだが大変で悲しい状況にいらっしゃった方々に少しでも勇気と慰労を差し上げる"として"あのそれだけでなく全世界すべての人々が日本に近づいた大きな不幸をよく勝ち抜いてくれるように祈っている"と文を残した。

イ・ビョンホンの所属会社ソン・ソクウ代表は"イ・ビョンホン氏が今は生命を守るのが最も重要な時期でここに大切に使われるように願うといった"としながら"金額問題を離れて持続的に被災者を助ける方法を模索している"と話した。

JYJ(在中・柳川(ユチョン)・遵守)は地震被害緊急救護のためのワールドビジョンの募金に6億ウォンを加えた。

JYJ側は"メンバーキム・ジュンスが地震被害が発生した時ちょうど日本ファンミーティング車(茶)現場を訪問中であったしファンたちに慰労の意を伝えたことがある"として"今回の寄付金が大切なところによく使われることを願う"と明らかにした。

JYJは去る15日にもホームページ(www.c-jes.com)を通じられることは被害をこうむった日本ファンたちに哀悼の意を表わした。 今回の寄付金は最も大きい被害を受けた仙台と福島地域再建および復旧事業に使われる予定だ。

アン・ジェウクは1億ウォンを伝達した。 "余震と原子力発電所爆発危険に震えている被災者を考えれば胸が痛い。 被害復旧作業に役に立つように願う"として大韓赤十字社に寄付した。 彼のファンクラブの'ワールド フォーエバー'も募金活動に参加している。

これで韓流スターらの寄付金額は全部合わせ50億ウォンに肉迫することになった。 ネチズンらは"韓流スターらは先行が色々な面で手本になっている"として大きく歓迎した。

一方日本のコルグループAKB48度約70億ウォンを寄付したと伝えられた。 15日日刊スポーツによればAKB48は70億ウォンを寄付して地震スローガン基金を送る口座を開設して寄付金集めに出た。

その他のイ・ビョンホン情報

イ・ビョンホン関連商品



posted by kazu at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | イ・ビョンホン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。