2011年03月06日

ビッグバン カムバック攻防から見えるSMとJYJの攻防



今日の記事はちょっと長いですよ。気になるところだけ太字にしてます。
ビッグバン カムバックを控えて行ったミュージックバンクとの対立は結局出演しないことで一段落しました。ビッグバンと関連して違う立場を話す彼らの姿は巨大なことは企画会社と絶対権力を持った放送会社間の対決を見るようで苦々しいです。
巨大企画会社らと放送局、何のための力比べか?

過去放送局の機嫌を取るために努力してきた企画会社らが反乱を夢見ています。彼らの間'甲と乙'の関係はウルロ置き換えられてきた企画会社らが体つきを巨大に育てて同等な立場で時には'甲と乙'の役割を変える水準まで進みました。

SMとエムネットが行った戦いはこういう巨大なことは企画会社がどの程度の影響力を見せることができるのかが分からせます。公平性を前面に出してエムネットと対立したSMは徹底して所属芸能人らのエムネット出演を拒否して力比べを持続しました。

こういう力比べを通じて巨大企画会社が放送局を相手に勝利することもできることを見せました。たとえケーブルだが巨大な資本の力を土台に空中波劣らないパワーを見せたエムネットの敗北はSMが芸能界にどれくらい大きなパワーを持っているかを象徴的によく見せます。

彼らのパワーをもう一度感じさせるのは東方神起の出演と共にエムネットに渡した和解の手助けです。現在までも論議の中心から抜け出せずにいるJYJとの法的紛争で法委に君臨しているSMがJYJの出演を防ぐために東方神起のエムネット出演を決めたという話はただうわさでない真実である可能性が高く見えます。

巨大企画会社らの露骨な力比べ何をためか?

放送局でない巨大企画会社によって全てのものらが決定されることもできることを見せたこういう事例はケーブルだけでなく空中波でも如実にあらわれています。歌謡界の利益団体らを前面に出して自分たちと反する人物らの放送出演を防いで立つ巨大企画会社によって利害関係にある芸能人でも小さい企画会社らはびくともできない状況らが醸し出したりします。

パク・ジェボムとJYP間の'謝罪取り引き'はこういう醜悪な実態の断面を見るようで苦々しいだけしますね。 相変らず何かご用なのか分からない事件で論議を持続させた彼らは劇的な和解をしました。昨年まで過去と現在所属会社のJYPとサイダス間の代理戦様相を帯びた戦いが退屈に続いて所得ない暴露戦につながったりしました。

この状況で突破口を探したのがすぐに'謝罪取り引き'ヨッチヨ. 形式的な謝罪をしてこれを通じてJYPがパク・ジェボムの活動を保障するという暗黙的な同意はまさに効力を発揮しました。現在活動をしない状況でパク・ジェボムが放送に登場する理由がないが彼を防いで立ったJYPと利益団体にパク・ジェボムの放送出演を解除しろとの公文書は効力を発揮して文山(ムンサン)研が行動に出たのを見れば巨大企画会社のパワーがどれくらいすごいのかをもう一度感じさせます。

JYPが問題多い非会社を買い入れてコスダック迂回上場に成功することでSMに続く株式金持ちにのぼったパク・チニョンやコスダック直接上場を狙って一度苦杯をなめたYGのヤン・ヒョンソクはまもなく途方も無い富とパワーを持つことになる予定です。このように巨大なことは企画会社は財閥らがするように体つき膨らませにより一層努力することでこれによって巨大企画会社と零細な企画会社で芸能界は整理される可能性が高いです。

大韓民国経済が奇形的にも中間級の企業らが一度もなくて財閥が勢力を伸ばした局面を帯びるように芸能界やはり巨大企画会社によって全てのものらが終息する可能性が高いです。巨大なことは力で彼らは放送局との関係で優位に立とうとすることは明らかな事実ですね。

最近企画会社主導で製作された'進呈し'や'パラダイス牧場'だけ見ても巨大企画会社のパワーがどの程度なのか簡単に知ることが出来ます。アイドル ファンおまけのためのオーダーメード式コンテンツの成功は彼らに翼をつけてこれを通じて放送会社との関係でもう一度優位に立てられた彼らではキジ食べて卵食べる結果を作り出しました。

YGとKBSのあつれき争いやはり巨大企画会社の体つき膨らませによる力比べであるだけです。去る年末行きます行事に対する意見対立は結局現在までYG所属歌手らがKBS音楽放送に出演をしないことにつながって力比べは持続しています。

この状況で互いに合意を見ることができるカードはビッグバンであったしこれを通じて関係改善が可能なことと見えた彼らは残っている沈殿物によりもう一度漂流することになるようです。2年3ヶ月ぶりのカムバックのために最小限2曲程度の舞台を保障してくれというYGと1位候補とか一曲の外にはならないというミューバング側はその間隙を埋めることができなくて結局和解ムードは失敗に終わってしまいました。

ミューバング側ではYGが10分を割愛しなければ出演しないといったとしすべての誤りをYGに回したし、YGではミューバング側で公平性に外れる一曲だけを舞台に上げることができるといって出演を断ったとし互いに自分たちの主張だけ前に出しています。

音楽専門プログラムの廃止とオーディション プログラムの乱立

果たして巨大企画会社らが広げるこういう戦いの意味は何でしょうか? 何のための力比べでしょうか? 視聴者たちとファンのための努力だと話すのは偽りです。巨大企画会社や放送局や彼らに重要なのは視聴者やファンでない収益にならざるをえないことは体験で知っている事実であるためですね。

彼らの力比べで視聴者とファンは疎外されたし、彼らが結果的に得ようと思うのは自分たちに有利な条件であるだけです。放送局は自分たちが持った力を通じて支配力を従属させたがって企画会社らは巨大なことは力を土台に放送局を支配しようとします。

彼らの間の力比べはどちらか一方が白旗を揚げる前まで持続するほかはない戦いだろう。だが、彼らだけの対立で視聴者とファンたちは結果的に被害当事者になるほかはないことは自明です。

"放送会社と大型マネージメント社間のあつれき争いは結局歌謡界を奇形的に作ること"
"互いに関係が良ければ該当歌手中心にプログラムが組まれることでそうでなければ互いに余計なエネルギー浪費だけすることになる。あっちこっち表情だけ見なければならない知名度が落ちる歌手らだけ被害を受けることになること"

演芸関係者が明らかにした巨大企画会社と放送会社間の争いに対する話は多いことらを考えさせます。彼らの自尊心戦いは結果的に知名度が落ちる歌手らだけが被害を受けるだけで話です。行きますプログラムはケーブルを含んで4個が全部でこういう舞台に立つことができるこれらが限定されている状況でこういう力比べの被害者は結果的に無力なこれらの役割になるだけで話です。

その上にいくつも残らない音楽専門プログラムは視聴率低調という美名の下痕跡をなくしていきつつあります。MBCの <ララと>が強制廃止されるとSBSの <キム・ジョンウンのチョコレート>道突然廃止が決定されました。もうKBSの <ユ・ヒヨルのスケッチブック>この唯一生存した状況で、芸能化されたオーディション プログラムでその場を対処しようとします。

音楽の純粋性を話して本質を叫んで徹底して視聴率の消耗品で使おうとする放送局により本来重要な役割をしてきた音楽専門プログラムらが廃止される現象はおかしな状況であるだけです。巨大企画会社らは自分たちの外皮を育てて市場掌握力を高めようと努力しています。

彼らの力比べは市場掌握力を置いて戦う戦争と違いません。こういう状況に被害を受ける人たちは無力な視聴者たちとファンたちだけさを彼らは知っていましょうか? KBS一方の出演を拒否しても相変らずパワーを表わすYGが惜しいことはありません。戦略的に一つを捨ててより大きいパイを握った違うものを取れば損をする商売ではないためです。問題は彼らの間の対立による被害者は巨大企画会社や放送局でない無力な視聴者とファンたちであるだけという点です。

映画を夢見た幼い時の分別がない非常に楽しいということが現実ではどれくらい力に余ることで近づくのか一生懸命体験して生きていくdramastory2.tistory.comを運営するブロガーです。
引き伸ばしたテープのようにつまらなく文を書く'チャイミ'という名前とは違って愉快な文を書くことを通じて多様な疎通が可能なように努力中です。

その他の東方神起情報を見る

東方神起関連商品




タグ:JYJ
posted by kazu at 11:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東方神起
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。