2011年03月05日

少女時代解体説報道論議、SM側"対応する価値もない"反論



日本言論がカラーに続き少女時代解体説を報道して論議を起こしている。
日本言論は3日"少女時代分裂の火種が広まり始めている"として"少女時代メンバーらを高卒グループと大学生グループ、米国成長グループで分けて葛藤の谷が深くなっている"と報道した。

また、遠い昔韓国でゴシップの種で過ぎ去った論議をまた掘り起こしてこの主張根拠に引用することもした。

ユナがティファニーのスカートを暴いて"中ズボン着なかったか?"と尋ねたこと、ジェシカがソヒョンに悪口を言ったとのこと、ヒョヨンが同じ高卒なのに優遇されている平然を嫉妬して"一緒にいれば不便でご飯が喉に通らない"と話したこと等を挙げた。

これに対してSM側は“事実でない内容であるだけにとても悪意的なので情けない。 対応する価値もない”と明らかにした。

この報道に接したネチズンらは"この前ペ・ヨンジュン今回は少女時代なの?","うまく行っているグループを…"等の怒りを表わした。



タグ:少女時代
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。