2011年02月06日

'JYJ専属契約解約違約金約1300億ウォン'分析



JYJの専属契約解約違約金1300億ウォン?
去る5日日本のある言論ではJYJメンバーキム・ジェジュン、パク・ユチョン、キム・ジュンスが前所属会社SMエンターテイメント相手に出した専属契約効力停止仮処分紛争を扱ったプログラムを放送した。

この言論は"これらの専属契約解約違約金が1300億ウォン以上だったこと"と分析した。

ある専門家は"東方神起は日本活動当時1人当り収益の0.4〜1%を受けた"として"単にレコード販売量が5万枚未満の場合ノーギャランティーであった"と明らかにした。

引き続き"契約に違反する時には投資金額の3倍と残余契約6年間に該当する利益の2倍を加算して賠償しなければならなかった"として"これで推し量って違約金は100億円程度になるだろう"と説明した。

その他の東方神起情報を見る

東方神起関連商品




タグ:JYJ 東方神起
posted by kazu at 14:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東方神起
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。