2011年01月19日

KARAク・ハラ翻意で3対2に。第二の東方神起か?

KARA(カラ)ク・ハラ協賛花と蝶ピアス

KARA(カラ)ク・ハラ協賛花と蝶ピアス
価格:2,625円(税込、送料別)



所属会社に契約解約を通知したものをグループ カラー4人中ク・ハラが訴訟から抜け出るとして立場を変更した。 所属会社DSPメディア側は円満に解決するという意志を表明した。
カラー所属会社DSPメディア関係者は19日午後マネーツディ スターニュースに"ク・ハラが所属会社に直接訪ねてきて契約解約要請を撤回すると明らかにした"伝えた。

この関係者は引き続き"円満な協議のために他のメンバーらとも接触を試みる予定だ"として"最大限はやい期間内に虚心坦壊な話を交わして去就を決めるだろう"と説明した。

これでパク・キュリとク・ハラは所属会社DSPメディアに残留してカラーを守るという立場でハン・スンヨン、カン・ジヨン、チョン・ニコルなど他の3人は契約解約を要求してメンバーらは3:2で分かれた局面だ。

所属会社と紛争以後3人は'JYJ′で、所属会社残留2人は既存チーム名前で活動中の'東方神起'と似た姿なので今後カラー事態がどのように展開するのか関心が集められている。

一方DSPメディアはこの日午後メンバー4人が主張した専属契約解約通知理由に対していちいち反論して"わい曲と誤解がある"という公式立場を発表した。

これらは"収益配分はかえってカラーに有利な立場、費用などを精算して処理してきたし、配分時期も彼らの主張とは違ってお金が入金されると同時に即構成員皆に同時に配分した"と強調した。

引き続き"これと共に、所属会社の地位を悪用してこれらが願わない演芸活動を強要して人格を冒とくしたと主張しているが、これは根拠ない主張"と明らかにした。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。