2011年01月19日

KARA,所属会社に契約解約通知の'衝撃'



人気コルグループ'カラー'が所属会社を相手に専属契約解約を通知して衝撃を与えている。
カラーの法律代理を受け持っているランドマークは19日パク・キュリを除いたハン・スンヨン、ク・ハラ、チョン・ニコル、カン・ジヨンが所属会社に契約解約を通知したと明らかにした。

ランドマーク側は"所属会社DSPが地位を悪用して望まない演芸活動を強要して各種無断契約などをしてきた"として"所属会社とメンバーらとの信頼がますます悪化した"と契約解約背景を説明した。

現在カラーメンバーらは"所属会社との信頼喪失が最も心痛い"として深刻な挫折感に陥ったと分かった。

だが、所属会社のDSPメディア側は"君のメンバーの名前で来た内容証明の主張と違い収益配分もお金が入金されると同時に即メンバーらに精算した"として突然の契約解約通知に当惑するという立場だ。

カラーは国内で人気だけでなく日本でも最近少女時代とともにK-POP熱風を導いて大人気を享受していて今後活動の有無に成り行きが注目されている。

韓流コルグループ カラー、日韓スケジュール オールストップ?
所属会社に専属契約解約を通知した韓流コルグループ カラーメンバーらの日程支障が表面化した。

カラーの君のメンバーのハン・スンヨン、チョン・ニコル、ク・ハラ、カン・ジヨンは19日法律代理人の法務法人ランドマークを通じて専属契約解約を要求する内容証明を所属会社のDSPメディアに送った。

これに伴い、国内と日本で広げるこれらの活動にも赤信号がついた。 ランドマーク側はこの日DSPメディアの職員に今後スケジュールと関連した議論をしてくれという要旨の文字メッセージを送って直ちに20日予定された日程調整が避けられない状態だ。

ランドマークのホン・ミョンホ弁護士は"明日開かれる報道機関行きます授賞式には参加しないと該当報道機関に意思を伝達した"として"DSPメディアがすでにつかんだ活動に対しても私がメンバーらを代理して所属会社と協議するだろう"と明らかにしたと分かった。

DSPメディアによれば現在の国内で個別活動をしているメンバーはチョン・ニコルと今回の紛争では陥ったパク・キュリだ。 チョン・ニコルはSBS TV '日曜日が良い'のコーナー'英雄豪傑'に出演中でパク・キュリはMBC標準FM '神童、パク・キュリの深深打破'の進行を受け持っている。

DSPメディアは"パク・キュリは製作スタッフと論議の末に今日からラジオ進行を暫定中断することにした"として"パク・キュリは紛争から抜け出たメンバーだがこのような状況で進行が難しいと判断した"と話した。

チョン・ニコルの場合'英雄豪傑'製作スタッフは"今週撮影は終えたし隔週で撮影が進行されて来週はスケジュールがない"として"まだチョン・ニコル側から去就に対して聞いたことはない"と伝えた。

カラーは日本で広げる活動計画も現地関係者に確答をくれない状況だ。 カラーは14日初回放送されたTV東京ドラマ24の'ウラカラ'を撮影中であり2-3月もレコード発売と公演が予定されている。

DSPメディアは"カラーと契約された日本レコード会社およびドラマ製作スタッフから電話が来ている"として"'ウラカラ'撮影日程に対しても正確な返事を与えられない状況"と伝えた。

引き続きDSPメディアは"君のメンバーの名前で来た内容証明の主張と違い収益配分もお金が入金されると同時に即メンバーらに精算した"として"今日一部メンバーらのお母さんらと会った結果、葛藤を縫い合わせる余地は残っている"と付け加えた。



タグ:KARA
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。