2010年12月29日

ペ・ヨンジュン-パク・チニョンなぜ手を握ったか?

2010123001002306100153931.jpg

韓流スターペ・ヨンジュンとパク・チニョンの出会いだけでも話題を集めているKBS2ドラマ'ドリーム・ハイ'. 二つのスターの単純なドラマ共同製作でなく製作会社惹かれるということを共同設立して1年超えて製作を準備した結果がいよいよ出てくることだとより一層目を引く。
ここに二つのマネージメント社の最もホットハン新人らのキム・スヒョン収支テギョン ウヨンなどが出演してファンたちの関心も相当高かった。 ペ・ヨンジュンはクリエーティブ ディレクターで、パク・チニョンは音楽&ダンス ディレクターを引き受けてドラマ成功に向かって二CEOが実質的な役割分担を分けた。 それだけでなく久しぶりに姿を表わしたペ・ヨンジュンは学校の財団理事長駅に、初めての演技に挑戦するパク・チニョンは英語教師の役割に出て二つのスター全部総力戦態勢に突入した。 各自の領域でトップの位置に上がったペ・ヨンジュン-パク・チニョンがなぜこのように緊密に協力して手を握ったのかに対してエンターテイメント業界それだけでなくファンたちの関心がますます高まっている。

▲ペ・ヨンジュン=韓流コンテンツの限界

韓流1世代スターのペ・ヨンジュンはその間多様な事業に視線を転じた。 日本でファンミーティングを土台に着実に人気を維持したし外食事業にも進出をした。 自身の所属会社のキーイーストをコスダックに成功的に登録させてCEOとしての手腕を発揮したし、イ・ナヨン、イ・ジア、チェ・ガンヒ、イ・ボヨン、ホン・スヒョン キム・ヒョンジュン歓喜ポン・テギュなどを所属俳優で置いてマネジメント事業を展開している。 また、エッセイ'韓国の美しさを探して離れる旅行'を出版しながら韓流スターの歩みを継続した。 しかしその間出演した作品は映画'外出'とドラマ'太王四神記'だけだった。 演技者というよりは事業家というイメージがさらに強い。

実際にペ・ヨンジュンが演技よりは事業に没頭しながら、演技者としての韓流コンテンツ生産能力が過去にはおよばないという評価だ。 その間神秘主義とイメージだけ強調されて見たら興行失敗と演技に対する負担があまり大きくなってしまった。 その上自身の歩みが株価と密接な関係があるからより一層身動きの幅が狭くなった。 少数であった韓流スターらが最近幾何級数的に増えて元祖韓流スターペ・ヨンジュンが享受したプレミアムがたくさん消えているうえにペ・ヨンジュンの人気と収益の大部分が日本に限定されているとのことも弱点だ。 最近韓流の傾向がドラマでアイドル グループと行きます側へ渡りながら俳優ペ・ヨンジュンの韓流コンテンツが無条件成功するという信頼も不確かな状態になった。 その上所属俳優中には韓流スターがない状況だと、ペ・ヨンジュン一人だけの力で過去型でない新しい韓流スター、コンテンツを作るには限界点が来たものだ。

▲パク・チニョン=収益多角化とコスダック

歌謡界3代山脈の一つの軸のJYPエンターテイメントのパク・チニョンはその間雨、ワンダーガールス、2PM,2AM,ミスエイなどをスターで育てるのに成功した。 また、パク・チニョン自ら作曲家、プロデューサーとして米国進出に成功したし、ワンダーガールスを米国に紹介するのにも大きい役割をした。 音楽分野ではある程度最高点にのぼったといっても過言ではない。 旺盛な活動力を自慢するパク・チニョンが違う分野で視線を転じるのは自然な手順で分析される。 その上競争会社のSMエンターテイメントがレコード、マネジメントだけでなく映画、ミュージカル、公演会場、カラオケなど多様な事業を展開してコスダックで常勝疾走してロール-モデルを提示している状況で、JYPエンターテイメントのコスダック登録を目標にするパク・チニョンには事業多角化が個人の好奇心でない必須になった。 ドラマ製作がその始めて着手になるわけだ。

所属歌手らの演技者での変身もCEOとして歌手先輩としてパク・チニョンが必ずしなければならない重要課題の中の一つだ。 最近アイドルの演技者兼業がトレンドの状況で数多くの先輩アイドル歌手中ユン・ウネ、チョン・リョウォン、ムン・ジョンヒョクのように俳優で転向して成功したスターらだけがずっと活動を継続している姿を見た新人らに未来のためのニンジンを提示しなければならない。 そのような面で芸術高学生たちの夢を描く'進呈し'というもう今しがた演技者でデビューするアイドルらが挑戦するのに歌手として演技者としてリスクが最も少ない作品だ。

また、パク・チニョンは日本で大きい影響力を発揮するペ・ヨンジュンと手を握って、米国、中国地域に比べて多少JYPエンターテイメントの韓流が脆弱だった日本地域攻略に大きい力を得ることができるようになった。 実質的収益が最も大きい日本はその間SMエンターテイメントが大きい影響力を発揮した所で、所属歌手らの韓流広げるのが成功すれば事業多角化にも成功する計算になる。

少しずつ限界を表わした二人のトップスターペ・ヨンジュンとパク・チニョンの出会いは多くのシナジーを産むと予想される。

マネージメント社のCEOの二つのスターは所属俳優と歌手らを積極的に活用するドラマ製作で自分たちの後に続く次世代韓流スター発掘と共に収益で結びつけるという腹案だ。 ペ・ヨンジュンは今回のドラマを通じてパク・チニョンのスター発掘と教育ノウハウを組み合わせて芸能人士官学校のような学院事業に飛び込むつもりだ。 また'進呈し'ミュージカル製作にも出て新しい収益モデルも創り出すつもりだ。 韓流スターペ・ヨンジュンのコンテンツでない事業家ペ・ヨンジュン コンテンツで韓流を続けさせる計画だ。 パク・チニョンはペ・ヨンジュンの企画と事業ノウハウを土台に事業多角化を狙っている。 もちろんJYPエンターテイメントのコスダック登録を目標に話だ。

その他のペ・ヨンジュン情報

ペ・ヨンジュン関連商品



posted by kazu at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペ・ヨンジュン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。