2010年12月27日

東方神起・ビッグバン…‘2 vs 2’大衝突

33519315_2.jpg

‘2対2’

両側全部意図したことではなかったが結局このようにあうことになった。 代表的な男性アイドル グループ東方神起とビッグバンがいよいよ来年初め激突する。
5人のメンバー中3人が離れた東方神起はユノ・ユンホとチェガン・チャンミン、二人でチームを整備して1月5日新しいアルバムを出す。

ビッグバンやはりチドゥレゴンと塔で2人組ユニットを結成して東方神起2人組より先に活動を再開した。 東方神起とビッグバンは各々2004年と2006年デビューして現在の最高の位置に上がったがその間一度も同じ時期に活動しないので今回の活動により一層関心が集まっている。

今年デビュー以後最も多い波乱を体験した東方神起は結局所属会社smエンターテイメントとの葛藤終わりに三人が離れてjyjで新しくチームを結成しながらユノ・ユンホとチェガン・チャンミンだけ残った。 二人は1月5日新しいアルバム‘なぜ(keep your head down)’で2年3ヶ月ぶりに活動をする。

これらはカムバックに先立ち最近東方神起の公式ホームページを通じて“まもなくあればカムバックするが、デビューする時ぐらい緊張して震える”として“久しぶりに舞台に立つだけに良い姿を見せてさしあげたくて欲を多く出したので期待してくれ”と話した。

東方神起2人組より先立ってビッグバンのメンバーチドゥレゴンと塔はデュエット形態で新しいアルバム‘gd & top’を24日出した。 これらは‘ハイハイ’ ‘汚穢’ ‘ポギガヨ’等をトリプル タイトル曲に定めて本格的な活動に入った。

所属会社ygエンターテイメントは“二人はビッグバン中でラッパーで、プロデューサーで活躍を広げているだけに今回のアルバムは二つの出会いで極大化されたシナジー効果がそのまま含まれている”と話した。

ビッグバンに続き東方神起まで2人体制でカムバックを予告しながら来年初め歌謡界にせっかくライバル アイドル グループの競争が広がることになった。

歌謡界ある関係者は“人気波及効果が大きい二つのグループのカムバックは2011年初め歌謡界の最大イシュー”としながら“これらの活動で韓国はもちろんアジアの音楽市場でも高い呼応予想される”と話した。

二チーム全部自分たちだけの色が明確で、ファン層も厚くてどちら側の優勢を簡単に占いにくい状況、果たして誰が最後の微笑を浮かべるのか行きます関係者はもちろんファンたちの関心も熱い。

その他の東方神起情報を見る

東方神起関連商品



posted by kazu at 07:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東方神起
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。