2010年12月18日

俳優引退?さまようペ・ヨンジュン



"突然演技止めることもできる"意味深長な発言
強い'韓流スター'イメージ…作品選択ますます難しくなって
大衆と疎通断絶に喪失…事業家の間アイデンティティ悩み
#.ペ・ヨンジュン俳優引退?

行事後インタビューでペ・ヨンジュンは自身の引退を暗示する発言をした。 ファンたちと一緒にする‘家族の写真プロジェクト’を言及して“私が前に10年、20年さらに仕事をすることもできるがそうではないこともある。 突然延期(煙、演技)を止めることもできる。 それで準備することだ”と説明した。 一緒に“悩みが多かった。 簡単に解決されない。 私の現在に対する悩みだ”と話した。 “しばらく彷徨をした。 心が虚弱でむなしい状態であった”と打ち明けることもした。 最高の韓流スターで頂上を守っているけれど人間ペ・ヨンジュンが持っている悩みが非常に深刻だということを判断するのに充分だった。 ペ・ヨンジュンは昨年インタビューで“田舎で農作業をしたい”と話したことがある。 ‘韓国の美しさを探して離れた旅行’を執筆して韓国文化体験に深く陥る姿を見せることもした。 そうすると思いたい作品に対して尋ねれば“どんなものでも良い。 映画も良くてドラマも良い”と答える。 実体が明確でない。

#.ペ・ヨンジュンが選択する作品は?

ペ・ヨンジュンは2005年ホ・ジノ監督の映画‘外出’に出演した時自身の真心に充ちた演技が大衆と疎通できないことに大きく喪失した。 ドラマ‘太王四神記’で2007年MBC ‘演芸対象’を占めて価値を証明したが、当時‘ハヤンゴタプ’のキム・ミョンミンと比較される姿は彼の俳優としてのアイデンティティを悩むようにさせた。 大衆はペ・ヨンジュンを俳優よりは‘韓流スター’で認知する雰囲気だ。 ペ・ヨンジュンは以後簡単に作品を選択することができずにいる。 ‘太王四神記2’、‘神の水滴’等がペ・ヨンジュンが出演できるコンテンツで見なされたが全部製作が事実上失敗に終わった。 ペ・ヨンジュンはドラマ‘ドリームハイ’を撮影して“また新人の姿勢”と低姿勢になったが、これは所属会社キーイースト製作ドラマに力を与えるために‘特別出演’したという意味が強い。 ‘冬のソナタ’アニメーションでチェ・ジウとともに声の演技をしたのもキーイーストが日本でスタートさせたDA TVのコンテンツ確保次元と解釈される。 これはペ・ヨンジュンの作品選択が彼の事業的な部分と密接に関連しているということを意味する。 ペ・ヨンジュンは事業家としてのイメージもまた強い。 これもペ・ヨンジュンの演技を見るのが難しくなるようにさせる理由となる。 ペ・ヨンジュンがはやく次期作を発表してこそこういう憂慮幼い視線を克服することができる。 ところで容易ではない。



posted by kazu at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペ・ヨンジュン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。