2010年12月16日

ペ・ヨンジュン、キム・ヒョンジュンインタビュー



ペ・ヨンジュンさん、キム・ヒョンジュンさんのインタビューです。
201012160220778166_1.jpg

俳優ペ・ヨンジュンが同じ所属会社俳優のイ・ナヨン、イ・ジアと過去ふくらんだ熱愛説に対して初めて口を開いた。

ペ・ヨンジュンは14日日本、東京ドームで開かれた <微笑プロジェクト> 慈善イベント‘Message! to Asia’の行事を終えた以後夜が遅い見解に韓国取材陣と短いインタビュー時間を持った。 この席でペ・ヨンジュンは韓流スターとして自身がしなければならない責任と義務、俳優としての悩み、ファンたちに対する愛と今秋城北洞(ソンブクトン)に位置した一戸建て住宅を購入しながらふくらんだ結婚説に対して率直に話を打ち明けた。

4年超えてソウル、三成洞(サムソンドン)のあるマンションで貸し切りで生きて突然に今秋城北洞(ソンブクトン)に家を購入しながらふくらんだ結婚説に対してペ・ヨンジュンは“事実その間は家を必ず買わなければならない必要性を感じられませんでしたね。 貸し切りという良い制度があると必ず買う必要がないと考えましたね。 家を買う(住む)お金が惜しいと考えにもなりましたね。”と家を買うことになった理由に対して先に話し始めた。

“そうするうちに事実家が貸し切りだと見ると貸し切り値段も上げてくれという話もして故障してそれで直すのも大変な部分もあってそのようにしながら度々引越しをするのも周囲の色々な人を疲れさすことができることであるようだと考えました。 そして何より事実土地を踏みたかった理由が最も大きいです。 今つかんだ風もよく入ってこないでして苦しい面もありました。 そのような折りマネジャーが家を調べてみてくれて大丈夫であるように見えて購入することになりました。”

72年生まれペ・ヨンジュンが今秋一戸建て住宅を購入しながら結婚説が自然に明るみにでた。 結婚適齢期になったペ・ヨンジュンが家を購入しながら結婚準備をそろそろ始めることでないかという気がかりなことがたくさん起こった。

これに対しては“会う人がないのにそのような話がなぜ出てきたのか本当に分からないです。 恐らく結婚をする年齢になって周辺で話をするようだが今は計画にありません。 後ほど本当にそんなことがあるというならば公開的に話しそうです。”と今年に入ってふくらんだ結婚説に対しては否認した。

また“事実いつも機会があまりありません。 誰に会う機会が多くありません。 まれなのが外で仕事をしたりそうする時はたくさん動くがその他には外部活動をたくさんしなくて家にいる方なので誰をいつも機会が多くないようです。”と内心を伝えた。

ペ・ヨンジュンは2008年秋証券街を中心にふくらみ始めた同じ所属会社俳優イ・ナヨンと結婚説、そしてドラマ‘太王四神記’に直ちに浮び上がったイ・ジアとの熱愛説に対する質問にも淡々と返事を継続した。

“イ・ナヨン氏が私たちの会社所属俳優なので最近ドラマ‘逃亡者’も熱心にドラマを見ました。 そして私が出演した‘私たちが本当に愛したのだろうか’で弟(妹)に出てきましたね。 本当に親しく良く過ごしています。 ところでそのように結婚説に対して話が出てくることが本当にまれです。 どこでそのような話が出てきたのか本当に分からないです。”

“そして一度はメイクアップ・アーチストとソン・ヘギョ氏と一緒にワインを飲んで出てきたことがあったがカメラマンが写真もみな撮って動画もみなとったが記者らが‘イ・ジアと突然会う’で記事を出しました。 その時私が‘へギョヤ君本当に存在感ない’といいましたね。”と笑うことのできないハプニングに対しても打ち明けた。

最後にペ・ヨンジュンは“私が本来子供たちをかなり好んでおい(めい)らともよく遊びます。 結婚したい心はあるがしたいということができるのではないようです。 2011年にはさらに熱心に活動する姿をお見せしたいです。 ドラマ‘ドリームハイ’だけでなく私も良い作品にたずねられるようにします。”と伝えた。

ペ・ヨンジュン"マイホーム取得? 貸し切り社とか度々家見にきます"(インタビュー)
彼はちょうど東京ドームで3万人余りのファンたちを向き合って舞台から降りていたところだ。 ペ・ヨンジュン(38). 50m程の前で完ぺきに整頓された姿で微笑を浮かべて手を振る時はまちがいない'ヨン様'で、シュートを脱いで大きなカーディガンをかけたままどっかり前にきて座る時はとても別人だ。 疲れたそぶりにも目をまるく開いて'ご飯は召し上がったか'で先に尋ねる彼がモップ時も珍しかったのはナだけだったか。

控室テーブルに囲んで座って始まったインタビューが流れるほど彼がますます'ヨン様'でペ・ヨンジュンと見えた。 困難な質問は上手に移って、敏感な話は適当になだめて、その一方で決して核心を避けない彼とのインタビューはいつのまにか40分を遥かに越えて続いた。 私たちのために東京ドーム職員らが退勤を出来ずにいるという所属会社関係者たちのたゆまない聖火に勝てないで結局彼が起きる時まで。

"おもしろかったが、そうでしょう?"とする彼にとても"はい"することはできなくて首を縦に振ったのは、本当に真心だった。

-さっき突然ネクタイを解いて寄贈したが。 ネクタイ解いた乱れた姿が新鮮だった。

▲それが、とても申し訳なかったよ。 時間ははやく行って、たくさん何かをして差し上げることができなくて。 それで瞬間突出行動をした。 私も自分の姿を見られないで。

-やっと日本語をしない理由は? 最後に一言だけした。

▲ジャルできないからしないでしょう? 今日は韓国代表にきたのでしたことだ。

-舞台で3万人の視線を単独で受ける気持ちはどうか。

▲感動を受けて暖かい心を受け入れれば涙を流すというより、目じりが暖かくなる。 泣いたといわないで下さい。(笑い)暖かい心を感じてそれが目(雪)と表現されることだ。

-キム・ヒョンジュンとの初めての舞台でもあった。 直接見るキム・ヒョンジュンはある(どんな)人なのか。

▲本当に情熱が多い友人だ。 純粋で。 事実現中耳に刺激と力を得る部分もある。 この前ヒョンジュンの夢と情熱話を聞いてもう一度私の中でそのような情熱ができてした。 とても、とても望ましい青年だ。

-ファンたちが比較をたくさんしたよ。 似ていたという比較写真もあって。

▲本当に感謝する。 以前に'太王四神記'する時誰かメガネかけなかった私写真がキム・ヒョンジュンと似ているといって本当に良かった。(笑い)

-'進呈し'で久しぶりに撮影会場に帰った所感は?

▲雰囲気本当に良くて、あまりにも演出者らが熱心にして、俳優らも幼いが意欲的に熱心にする。 私も久しぶりに撮影をして見たら常に新人の姿勢だ。

-作品活動をしばしばしないけれど。

▲私どものマネジャーに話ほどほどにしてくれ。 本当に持って行かない。 どうであることでも関係ない。 特別にこういう役割を果たしたいということはない。 映画も大丈夫でドラマもそうで。

-完ぺき主義のために選ぶのが難しいのではないのか?

▲あの、そうではありません。

-どのようにパク・チニョンと仕事をすることになったか。

▲互いにこういう夢があるという話を他の人にしたのが'二人そんなに似ているよ?'して会うようになった。

ジンヨン氏が全般的な音楽に関連して音楽、振りつけ音楽的な火傷をしていて、私も現場で監督様も助けて作家様も助けて演技する幼い友人らも助けてそうしている。

-具体的にどんな部分が触れ合ったのか。

▲私は専門的な教育を受けなかったのではないか。 そのような、エンターテイナーを作る学校があったら良いと考えた。 事実そのような学校を作る夢もある。 そのような中に'それではドラマを作ればどうだろうか'とする部分が合ったのだ。

初めにはペ・ヨンジュンはペ・ヨンジュンで、パク・チニョンはパク・チニョンに出てこようというアイディアだったが、反映はならなかったがおもしろかったようだ。

-実際教育事業にも意があるか。

▲繰り返し明らかにしたが最も関心がある分野が環境と子供たち教育問題だ。


14日'微笑プロジェクト'に参加したペ・ヨンジュン <사진제공=키이스트>

-俳優でヨン様になったし、また、今は後輩を養成してサポートする役割をするなどポジショニングが変わる部分がある。

▲とても深い話に行くのに…. 合う。 何かを無理に作っていくのではなくて、時間の流れに私を任せると見ることもできるようだ。 私が少し彷徨をしたのは事実で、心が虚弱で少しむなしい状態でもあった。 私たちのヒョンジュン君の情熱を見て刺激を受けた。 そのはずなのではないか。 ところでとても深刻に使わないで下さい。

-ひょっとしてうつ病?

▲それはあります。 すべての現代人がうつ病がいます。

-悩みがあるのか? どんな悩みなのか。

▲多かったんですよ。 そのように簡単に解決されますか? 個人的な、私の現在だ。 もちろん誰でも体験することでしょう。 それをどのように受け入れて克服するかが問題だ。 私はよく克服していくことだ。

-ストレスはどのように解くか。

▲まだ方法を探せなかった。 家にたくさんあってみるから苦しかったよ。 土地を踏みたくて田舎に引っ越ししようとしたが、マネジャーらが'本当に土地を耕して栽培してする'という考えたことでしょう。 私が家を見なかったしマネジャーが見てあげた。

-2011年結婚を目標に自宅を購入したという話も出てきた。

▲さっきわざわざ話したのではないですか。 (彼はファンたちに向かって'紹介ちょっとさせて下さい'といった!) 私もまれなのが、外部活動をしないから機会がない。 ところで度々(結婚説を)渡される。 する時になるからであるようだ。 本当にそのようなことがあるならば公開的に話すようだ。

-妹は結婚しておい(めい)までいるけれど。

▲本来赤ん坊らが好きでよく遊ぶ。 結婚したい心はあるが、それはしたいということができるのではないのではないか。

-イ・ナヨン氏とは親しいのか? '証券むいてチラシ'に結婚説が出てきたこともある。

▲ナヨンは'私たちが本当に愛したのだろうか'した時弟(妹)に出てきた。 なぜそのような話が出てくるだろうか。 本当にまれだ。 一度はメイクアップ・アーチストとソン・ヘギョとワインを飲んだが、イ・ジアと夜中に会うと記事が載った。 'とへギョヤ、君本当に存在感ない'そうした。 (笑い)

-一歩遅れて初めてマイホーム取得をした理由は?

▲貸し切りだから度々家見にきて…. (一同笑い)集見るとくれば見せないこともできなくて不便だったよ。 別の理由はない。 風も入ってこないで閉じ込められた空間で生きるのではないか。 土地を踏みたかったし、理事通うのも色々な人疲れさすようだし、度々(借用権価格)上げてくれと言って….(笑い)その間そのように必要性を感じられなかったようだ。

-ひょっとしてコルグループ好むか? 一番好むグループは?

▲私をサムチョンペンでに追い込まれようと….(笑い) '進呈し'準備しながらたくさん見た。 美しくて可愛くてそうした。 一番良いことは、ウン...2PMテギョン? (テギョンは'進呈し'主人公の中の一つだ。)

-集にカラオケ機械もあるというのにこういう行事で歌をしない理由は何か。

▲できないからしないでしょう。(笑い)私も歌練習をしなければならないように見えてカラオケ機械を買った。 酒を飲んで呼べば大丈夫であるようだが、家ですれば本当に気の毒だ。 聞き苦るしいほど…ウン...そうだ。 また試みてみようとする。 ヒョンジュン君が踊りも教えるといったが….(一同静寂)

-近い将来踊る姿を見ることができるのか?

▲私もそれが風が起こったが変にできない。 それちょっと恥ずかしいでしょう。 そのような考えはした。 歌手らでも踊る人は肩の上で手を上げてのびる動作がとても自然だ。 踊ればそれがなるだろうしては考えた。

-日本でものすごい愛を受けるのに韓国で相対的な物足りなさはないか? 比較することではないけれど。

▲ところで何故して下さい。(笑い)前回にもそのような質問を受けましたよ。 それでもあの人気多いが….(笑い)

tn_1292450463_315115922_0.jpg

"第2のヨン様でも、第1のキム・ヒョンジュンでも何かなるでしょう"
SS501のリーダーで、'花より男'のジフ先輩で、'いたずらのキス'のむいて七川材ペク・スンジョで、アジア全域で愛される美男であり、時々は'リトル ペ・ヨンジュン'とも呼ばれる男. キム・ヒョンジュン(24)だ。

SS501として昨年プドカンで、去る5月にはアリーナで公演を広げた彼はソロ歌手であり演技者キム・ヒョンジュンとしていよいよ東京ドーム舞台に立った。 "普段には親しい兄"イン ペ・ヨンジュンが主軸になった自選(慈善)行事'微笑プロジェクト'を通じてだ。 生涯初めての東京ドーム舞台を終えた彼に会った。 彼は"第2の'ヨン様'入った第1のキム・ヒョンジュンでも何かになること"としながら"今はソロで東京ドームに上がるという欲が出た"と覚悟を伝えた。

-初めての東京ドーム舞台であった。

▲日本に進出してプドカンで公演してみたかったしまた、アリーナでしてみたかったし最後が東京ドームだった。 二つが先になされて最終目標までなされた。 もちろん単独コンサートではなかったが東京ドームに立つという威厳というか、それを分かることになった。 来年ソロ アルバムが出てくれば熱心にして東京ドームに公演できるようにするべきだとの欲が出たようだ。 ここにまた立つべきだとの。

-歌を歌って踊るのが久しぶりだ。

▲踊りは毎日毎日練習している。 来年にあるソロ アルバムもかなり以前から準備した。 大衆の前で踊って歌も歌う人ということを浮上させたくて今日は踊ってみた。 来年には延期(煙、演技)よりももう少し歌手としての姿をお見せしたい。

日本だけでなくアジア全地域で活動を広めようとする。 今日はここに誤信多くの方々に私という名前を知らせる一種の自己紹介であった。

tn_1292450464_315473635_1.jpg

-ペ・ヨンジュンが普段には親しい兄だといったのに、功績の舞台では初めて共にした。

▲何か他の人同じだった。 こういう大きい舞台で自然にトークをして観客らと呼吸をするのを見るから。 エンディングの時つくづくとモニターを見守ったがヨンジュン兄ではなくて'ヨン様'という感じが私だよ。 少しぎこちなかった。 たくさんではなくて。

-ある者は'ポスト ペ・ヨンジュン','第2のヨン様'という。

▲率直に気分が悪くない。 ヨン様だというのが途方もない文化的波及力を持った。 そうなるならば良いことで半分だけついて行っても途方もない。 私は踊りと歌を共にすることができるのを浮上させようとする。 第2のヨン様でも、第1のキム・ヒョンジュンでも後ほど何かなるでしょう。

-すでにアジア ファンたち愛をたくさん受けている。 本人の魅力が何か?

▲率直に'花より男'が輸出がうまくいくからであるようだ。

-ペ・ヨンジュンが1世代韓流スターというならば2世代ソ・ジソプをつなぐ3世代の代表走者に選ばれている。 他の地点が何か。

▲多様性ではないか。 1・2・3世代を誰が付けるかは分からないが、今のアイコン自体が音楽もして踊って多様な才能を保有している。 一人一人の多様性があるようだ。



posted by kazu at 07:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペ・ヨンジュン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。