2010年12月05日

"少女時代、日本に続いて来年ヨーロッパ攻略"

201012050822773109_1.jpg

米国の音楽専門紙'ビルボード ドットコム'韓国ガールズグループ少女時代の国際市場の可能性に対して評価した。→Ranking

ビルボードドットコムは去る3日Rob Schwartzが使った'Korea's Girls' Generation/SNSD Ready To Storm Japan'という(のは)題名の記事で日本で突風を追い立てた少女時代の症候群に対して扱った。

記事は"日本音楽市場はますます保守的な傾向を帯びるが少女時代の活躍だけは止まることはできない。 少女時代はyoutubeの電波で日本を攻略したし、日本を越えて国際的な市場を狙っている"と冒頭を開いた。

記事はyoutubeで記録した'Genie','Gee'の驚異的な再生回数を説明して、少女時代に対してSMの所属歌手で2007年デビュー以後韓国でピクスタがなったし、機会が限定的な国内を越えて国際的な領域で拡張、ボアと東方神起の成功以後K-POPに関心が多くなった日本を攻略したと書いた。 "少女時代の可愛いイメージはJ-POPファンたちに確かにアピールした"と伝えた。

日本レコード社ユニバーサル ミュージックのlabelのナユタウェーブ レコード(Nayutawave Records)のディレクターSusumu Machidaは"少女時代は日本でレコード発売以前からユトゥブを通じて大きい人気を得た。 歌と踊り二つとも驚くほどの水準でこれが日本に大人気につながっている。 TVの中彼らのパフォーマンスはとても精巧で洗練された"と表現した。

記事は最後に"少女時代の最初の日本語アルバムは春に出てくる予定で、少女時代は恐らく2011年後半ヨーロッパを攻略するものと見られる。 まだ北米計画は決まっていない"と少女時代の国際的な計画に対して伝えた。

FNS歌謡祭:少女時代" Ginie "





タグ:少女時代
この記事へのコメント
曲名GinieじゃなくてGENIEですよ
Posted by はる at 2010年12月18日 08:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。