2010年12月01日

イ・ビョンホン、チャン・ツィイー中映画'ムーラン'出演…問題はスケジュール



今回は中国だ。→Ranking
トップスターイ・ビョンホンが中国映画'ムーラン'出演を肯定的に検討中だ。 'I come with the rain',ハリウッド映画'G.I. ジョー'に続きアジア最大映画市場に浮び上がった中国映画に挑戦すること。

'ムーラン'は中国長編叙事詩'木蘭社'を素材にした映画. 中国の題名は'建国英雄'だ。 中国が自慢する世界的な俳優チャン・ツィイーが主演と製作を、'黒砂会'で良く知られた香港監督トギ愚か者演出を引き受ける。

'木蘭社'という南北朝時代を背景にお父さんの代わりをして戦争に出て行って国を求めた女英雄の話だ。 ハリウッドで'ミュルラン'という題名でアニメーションで作られた。 ソ・ジソプと'ソフィーの恋愛マニュアル'をとったチャン・ツィイーはイ・ビョンホンがアクションとドラマ演技を全部消化するトップスターという点に引かれて再び韓国俳優と呼吸を合わせることにしたという後聞だ。

現在のイ・ビョンホンは'ムーラン'出演提案を受けて肯定的に検討したあげく最終調整を控えている。

問題は撮影日程だ。 '悪魔を見た'以後休息を取っているイ・ビョンホンは'G.I.ジョー2'撮影を来年初めから始める計画だった。

だが'G.I.ジョー2'撮影が遅れながら国内外映画をまた探した。 'ムーラン'を選択した理由も'G.I.ジョー2'来年下半期で延ばされながら先に撮影できるという腹案のためだった。 'ムーラン'は当初11月から撮影に入る計画だった。 ところで撮影が内部事情で遅れながらイ・ビョンホンの悩みが深くなっている。

'ムーラン'撮影がずっと遅れる場合'G.I.ジョー2'撮影に支障ができるためだ。 それでもとめどなく後に押されている'G.I.ジョー2'のために次期作選択をずっと後回しにすることもできない役割だ。

イ・ビョンホン所属会社BHエンターテイメント関係者は"具体的な日程が確定してこそ細部事項を議論できるだろう"と明らかにした。 引き続き"調整にならない場合、国内作品でも他の作品も出演することができる"と付け加えた。

果たしてイ・ビョンホンが米国市場に続き中国市場まで成功的に進出することができるか期待される。

その他のイ・ビョンホン情報はこちら→FC2 Blog Ranking

ブログランキング

イ・ビョンホン関連商品

その他のイ・ビョンホン情報

イ・ビョンホン動画集



posted by kazu at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | イ・ビョンホン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。