2010年11月26日

イ・ビョンホン青龍映画祭参加決定!



俳優イ・ビョンホンが今年初めて映画祭のレッドカーペットを踏む。→Ranking
26日(今日)ソウル、中区(チュング)国立劇場でキム・ヘスとイ・ボムスの社会で第31回青龍映画賞が開かれる。 青龍映画賞には映画'おじさん'が最優秀作品賞をはじめとして主演男優賞監督賞など9個部門にノミネートされた。 カン・ウソク監督の'苔'は作品賞と監督賞、主演男優賞など8個部門に、'戦友分' '悪魔を見た' '義兄弟' '気まま前'が6個部門に候補に上がって競合を行う。

イ・ビョンホンは映画‘悪魔を見た’で青龍映画賞主演男優賞候補に上がってレッドカーペットを踏む。 イ・ビョンホンの所属会社関係者は“今年初めての映画祭レッドカーペットだ。 主演男優賞受賞可否よりは映画祭を楽しむ気持ちで参加する予定だ”と明らかにした。

イ・ビョンホンはこの日‘おじさん’のウォンビン、18日訓練所に入所した‘義兄弟’のカン・ドンウォン、‘素足の夢’パク・ヒスン、‘苔’のチョン・ジェヨンと主演男優賞を置いて激しい競争を行う。

イ・ビョンホンがキム・ジウン監督の映画‘悪魔を見た’で連鎖殺人を犯すサイコパスよりさらにものすごい悪魔に戻って観客らを戦慄させた。 フィアンセが連続殺人犯に四肢が切断されて死に追い込むことになったという事実を知ることになった以後それよりもっと苦痛をあげて連続殺人犯を追う。

イ・ビョンホンは多くの台詞を言わないけれど複数を決断しなければならない凄惨な心情、人間とはできない連続殺人犯の態度に対する耐えることはできない怒り、複数を敢行する過程で疲弊するということ、複数を終わらせた以後に残る虚無と悲しみなどの感情船を劇の序盤から終盤まで一つものがさないで生かせて観客らを没入させた。

その他のイ・ビョンホン情報はこちら→FC2 Blog Ranking

イ・ビョンホン関連商品

その他のイ・ビョンホン情報

イ・ビョンホン動画集




posted by kazu at 17:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | イ・ビョンホン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。