2010年11月21日

キム・ヒョンジュン"漫画の中人物相次いで演技、次には現実的キャラクターで尋ねますね"



この男、謙虚になるのがこの上もない。→Ranking
20101121001498_1.jpg

広州アジア競技大会で主題歌を歌ってSS501で活動して韓国を越えて日本と中国アジア圏で人気を享受しているがキム・ヒョンジュンは自らは本人が韓流スターというものを否定した。 まだ人気が実感できないと打ち明けた。 行き過ぎた謙そんであることもある。 しかしキム・ヒョンジュンはまだ自身が不足したのが多くて補完しなければならない点が多いという点をよく知っている。

キム・ヒョンジュンは最近初めての主演作のMBCドラマ‘いたずらのキス’を終えた。 ところで視聴率が期待に達することができなかった。 それでもキム・ヒョンジュンは“初めての主演で作業を終えたことに意味を置いています。 視聴率不振を指摘する方々が多いが、ドラマ視聴率は誰も分からないということじゃないの。 視聴率だということは機会になれば他の作品で挽回することもできます。 そしてユトゥブで放映された‘いたずらのキス’特別版が反応が良くて気分が良いです”と明るく話した。

‘いたずらのキス’でキム・ヒョンジュンが引き受けた駅はペク・スンジョ. 傲慢で天才的なキャラクターだ。 漫画が原作だと見ると非現実的な点も多い。 漫画の中キャラクターを現実に引き出すためにキム・ヒョンジュンは多くの努力を傾けた。 窮屈なスケジュールの中で時間をあけて配役のためにテニスを練習することもした。 模範生のペク・スンジョのために劇中数学問題まで全部理解して入るなど情熱を見せた。

こういう努力おかげで会がますますキム・ヒョンジュンの演技が安定しているという好評を引き出した。 結果的に‘いたずらのキス’を失ったより得たのがさらに多い作品に昇華させた。

キム・ヒョンジュンは“率直に今回の作品を演技しながら得たのがさらに多いです。 演技者で初めての単独主演に挑戦したからです。 ‘花より男’時とは違って私一人で劇を導いていかなければならなかったが初めにプダムスロオヨ. それでもいつかは一度ぶつからなければならない問題期のために駆け寄りましたよ。 おかげで今回の作品を通じてたくさん習うことができました。 演技しながら大変でなかったとすれば嘘でしょう。 ファン・インレ監督様が全面的に信じて下さって易しく終わらせました。”と真剣に説明した。

キム・ヒョンジュンは前にもう少し現実的なキャラクターを演技したかった。 ‘花より男’、‘いたずらのキス’は全部原作が漫画. それでキム・ヒョンジュンは少し誇張された演技をしなければならなかった。 キム・ヒョンジュンは次の作品ではもう少し写実的なキャラクターに挑戦したかった。

“私気に入るならば主演でも助演でも悪役でも配役の比重と関係なしでどんな作品でも出演するでしょう。 もう少し欲張れば男らしくて強いキャラクターに演技に挑戦したいが、本当に作品が気に入れば比重は関係ありません。”


最近所属会社をキーイーストに移したキム・ヒョンジュンは会社先輩ペ・ヨンジュンに多くの助けを受けている。 普段私席で気兼ねなく兄・弟しながら過ごす二人はすでに互いに心を開いて遠慮なく過ごす間になった。

キム・ヒョンジュンは“ペ・ヨンジュンと会えばそのまま一般的な生きていく話をたくさんする方です。 それと共に時々真剣な話も交わします。 この前兄が1世代韓流が自身ならば2世代韓流はソ・ジソプ、そして3世代韓流がすぐに私といったのです。 それと共に自分は全てのものを自ら切り開いていかなければならないから大変だったが、私は周辺で助ける人が多いことのようでうらやましいといったでしょう。”

最近SS501のメンバーらが次から次へソロアルバムを出している。 キム・ヒョンジュンも近い将来アルバムを発売する予定だ。 すでに200曲収集してその中で5曲を選定した。 近い将来米国に渡っていって現地振付け師とともに今回のタイトル曲にリリースする振りつけも作る予定だ。 早ければ来年上半期歌手キム・ヒョンジュンの姿を見ることもできるようだ。

20101121001097_1.jpg

キム・ヒョンジュンは自身を韓流スターという頂点に立っているスターよりは前にさらに発展する歌手であり演技者で見ることを願った。 安住するより挑戦を選んだキム・ヒョンジュンは彼は自身も分からない間に3世代韓流を導く中心軸で立っている。



上の記事のほかにもう一本インタビューが上がっています

"'いたずらのキス'単独主演負担
'リトル ペ・ヨンジュン'という(のは)話聞きやすくて"

歌手兼俳優キム・ヒョンジュンは'美男'と呼ばれる。 数多くのスターらがこの修飾語を得た。 だが、キム・ヒョンジュンぐらいこの修飾語に忠実なスターもなかった。 無表情があたえるシックさからパッと笑う微笑があたえる豪華さまで彼の顔は八色鳥に変わる。 本人もあえてこの事実を否定しない。

"(笑って)醜いより美男が良くないのではないのですか? ファン・ジョンミン先輩が'容貌より自分ぶりの色がさらに重要だ'いったお言葉が思い出されます。 私もやはり'よくできた俳優'よりは'魅力的な'俳優になりたいです。 率直に自ら美男という事実は認めます。 十人中八人がそのように言うのに違うというのも変でしょう。 謙虚に受け入れます、ハハ。"

キム・ヒョンジュンも容貌に対する悩みがあるだろうか。 彼は過去ある芸能番組で"ひげがたくさん出て悩みだ"と話したことがある。 唇がしばしばねじるのもコンプレックスだよ。 こういう状況が皆あらわれるようにするHD(高画質) TVの発達がキム・ヒョンジュンが最も心配する部分だ。

"ますますTVが良くなりながら顔の傷一つまでも気を遣わなければなりません。 普段には管理をよくしない方です。 化粧も落とさないで寝たりします。 だから家に入る前にコーディネーターが化粧を落としてくれます。 ひげはずっと悩んでいる部分です。 (笑って)HDTV発達と共に制帽技術も発達しなければならないのではないでしょうか?"

キム・ヒョンジュンはこの頃一人身になった。 歌手活動する時はSS501メンバーらがそばにあった。 KBS 2TVドラマ <花より男子>エ出演する時は'F4'があって強固だった。 だがMBCドラマ <いたずらのキス>の主人公になった後には一人立ちに出なければならなかった。

"単独主演の困難を感じました。 あのハナロ現場の雰囲気が変われるために責任感をより大きく感じます。 だが、必ず俳優らだけ同僚は違います。 今でも現場スタッフとともに呼吸しています。 だから一人で全てのものをしなければならないという負担はないです。"

キム・ヒョンジュンが <花より男子> 以後選択した <いたずらのキス>に対する期待は大きかった。 それだけ低い視聴率を記録した <いたずらのキス>を囲んだうわさ(後日談)も多かった。 本来キム・ヒョンジュンは"視聴率に執着しない"として手で遮る。

"<花より男子>も<いたずらのキス>も私には満足度が50点程度です。 二つのドラマを眺める期待値が違う視聴者たちの考えは違うこともあると考えます。 <花より男子>は4人の俳優が一緒にしたので波及力がさらに強かったんですよ。 視聴率が良くはなかったが私が演技したい配役を引き受けたので満足しています。"

キム・ヒョンジュンは <いたずらのキス> 出演を控えてペ・ヨンジュンが属した演芸企画会社のキーイーストと契約を結んだ。 キム・ヒョンジュンが歌手で俳優で背を向けることでないかという推測が出回った。 巷間にはそれぞれ違った所属会社と契約を結んだSS501が解体手順を踏んでいるという話もある。

"俳優専門会社だから長短所があります。 だが、俳優と歌手活動を全部積極支援するという約束を受けましたよ。 SS501解体は事実ではありません。 個別活動をして一つになったりもするというのが計画でしょう。 多分ソロ アルバムが先に出てくるでしょう。 来年初めより完ぺきなアルバムをリリースするために米国へ渡って多くのことを学ぶ予定です。"

キム・ヒョンジュンを新しい所属会社に導いた主人公はペ・ヨンジュンだった。 彼は直接キム・ヒョンジュンとキーイーストの契約を引き出した。 キム・ヒョンジュンはこの頃'リトル ペ・ヨンジュン'で呼ばれる。 そのように見れば二人の笑う姿がかなり似ていた。

"ペ・ヨンジュン先輩に似通っていくという言葉が負担になるが悪くはありません。 ペ・ヨンジュン、チャン・ドンゴン先輩らが韓流スター1期だったら今は2期が出てくるタイミングでしょう。 その方らが歩いてきた道に沿って行くということは意味があると考えます。 ペ・ヨンジュン先輩は <いたずらのキス>が放送された時も'視聴率にとてもこだわるな'で激励したでしょう。 作品が終わった後スケジュールが忙しくてまだ顔は見ることができなかったがしばしば連絡しています。"

キム・ヒョンジュンは引き続き"ロールモデルは置きません。 誰のようになりたいという考えはないです。 私の夢を追わなければならないですね。 ペ・ヨンジュン先輩がどれくらいすごい人なのか分かるから'リトル ペ・ヨンジュン'という話は良いです。 リトルは'小さい'という意味じゃないの。 すなわち大きくなるという意味祈祷します"としてにっこりと笑った。

Message To Asiaチケットオークション
キム・ヒョンジュンMessage To Asiaチケット



posted by kazu at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | キム・ヒョンジュン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。