2010年11月21日

少女時代、KARA、NHK '紅白歌合戦'出演するだろうか?

20101121001595_0.jpg20101121001611_0.jpg

今年日本で‘ジニー’と‘Gee’. ‘ミスター’と‘ジャンピング’を各々発表した少女時代とKARAはオリコン チャート上位圏を占領して韓国コルグループ熱風を導いた成果を認められて年末日本歌謡授賞式と最大歌謡祭りのNHK ‘紅白歌合戦’出演が占われている。→Ranking
◇‘日本レコード大賞’と‘紅白歌合戦’

少女時代は来月30日開かれる第52回日本レコード大賞で新人賞を受ける。 去る20日この授賞式の審査委員会は新人賞受賞者で少女時代とグループ シュガーのメンバーで日本で‘ICONIC’という名前で活動するアユミなど3チームを発表した。 少女時代は日本TBSで生放送する今回の授賞式で最優秀新人賞受賞も狙っている。 オリコン ニュースなど日本言論やはり少女時代が第52回日本レコード対象の新人賞受賞者に決定されたという便りを比重あるように報道した。

そうであるかと思えばKARAは来月31日開かれるNHK ‘紅白歌合戦’の出演が確定的という報道に接した。 21日日本スポニチは“KARAが日本デビュー年に‘紅白歌合戦’出場が確定的だ。 紅潮に含まれると見られて出演可否を置いて細部事項を調整中”と明らかにした。 また。 現地関係者の話を引用して“KARAが現在日本高校生に最も人気があって出演は間違いないこと”とも伝えた。 しかし‘紅白歌合戦’の出演者名簿はまだ公式に確定しなかった。 今月末にNHK公式ホームページを通じて発表される予定だ。

KARAの所属会社側やはり“‘紅白歌合戦’出演が確定的”という現地報道に対して“まだ決定されていない”と用心深く明らかにした。 KARA側は“出場者名簿はNHKを通じて発表される。 名簿が発表される前までの報道は推測性だと見れば良い”と話した。 KARAとともに‘紅白歌合戦’の出場が占われている少女時代も“まだ出演可否が確定しなかった”という反応だ。 このようにKARAと少女時代側が‘紅白歌合戦’出演可否に対して言葉を慎んでいるけれど。 日本言論らが先を争って熱い関心を見せるのは少女時代とKARAの地位がそれだけ高まったという傍証だ。

◇‘Hoot’と‘ジャンピング’

少女時代とKARAは日本歌謡界進出の成功に続き最近国内でほぼ同じ時期にカムバック曲を発表して頂上を争っている。 先月25日公開された少女時代の新曲‘Hoot’は各種オンラインチャート頂点に上ったのに続きKBS2 ‘ミュージックバンク’. SBS ‘人気街です’等地上波歌謡プログラムでも1位を席巻している。 KARAは去る10日新しい音源を公開した。 特に新曲‘ジャンピング’は最近メロン. バグス. エムネットドットコムなど各種オンライン チャートで上位圏を走ってファンたちの期待に応じている。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。