2010年11月12日

イ・ビョンホン“ドラマ撮影中メキシコ ギャング団に脅迫受けて”



イ・ビョンホンが2003年ドラマ‘オールイン’当時忘れることができなかった撮影現場を思い出させた。→Ranking
イ・ビョンホンはSBS創社20周年特集‘また見たいドラマ10線’の最後の作品で12日放送される2003年作‘オールイン’の一日MCを引き受けて所感を明らかにした。 イ・ビョンホンはこの日“その当時記録的な視聴率を上げた作品でもあり個人的にSBS演技大賞を受けた作品だからとても意味が深い”と話し始めた。

イ・ビョンホンは米国撮影エピソードを伝えて“銃を撃つかも知れないという威嚇を真中にどんな台詞を言うのかどんな延期(煙、演技)をするかもしれないほどとても緊張しながら撮影したそのような思い出す”として“特に引き下げがガソリンスタンドでメキシコ ギャング団と繰り広げる激闘場面撮影当時実際ギャング団が撮影会場を訪ねてきて自分たちを出演させてくれなければ銃を撃つという脅迫を受けて彼らが見守る中で撮影をすることもした”と打ち明けた。

引き続き“ワールド ポーカーチャンピオン大会で優勝をする場面を撮る時はあたかも私がポーカー大会で優勝をしたようなそのようなどんな妙な感じを持つこともした”として“‘オールイン、私の人生をかけた賭けが始まる’という初回に聞こえてくれたナレーションであったのにまだ記憶が鮮明だ”と付け加えた。

‘オールイン’は互いに違う環境で生まれた二人の男が人生の全部をかけて儲けは最後の勝負を入れた。 イ・ビョンホンはプロゲムブルロ キム・イナ役を担って知性、ソン・ヘギョ、パク・ソルミなどと呼吸を合わせた。

その他のイ・ビョンホン情報はこちら→FC2 Blog Ranking

イ・ビョンホン関連商品

その他のイ・ビョンホン情報

イ・ビョンホン動画集



posted by kazu at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | イ・ビョンホン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。