2010年10月07日

SBS '大物','逃亡者'押して視聴率18%で出発

2010100801000707500019711.jpg

クォン・サンウ主演のSBS水木ドラマ‘大物’(オ・ジョンロク演出)が競争作のKBS2 ‘逃亡者’を押して出発した。→Ranking
7日視聴率調査会社AGBニールセンメディアリサーチによれば’大物’は前日初回で全国集計基準視聴率18.0%を記録した。 これはこの日‘対物’と同じ時間に放映された‘逃亡者’の視聴率18.0%と同じ数値だが、ソウル首都圏視聴率では大きく先んじた。 ソウル首都圏視聴率の場合‘対物’が20.2%で20%を渡すのに比べ‘逃亡者’は16.8%に留まった。

また他の視聴率調査機関のTNmSメディア全国集計基準視聴率でも‘大物’は18%だったが、‘逃亡者’は15%に終わった。

‘大物’は大韓民国最初女大統領ソ・ヘリム(コ・ヒョンジョン)が米国に続き中国の最高統治者と堂々と肩を並べて始まった。 引き続きアナウンサーになったソ・ヘリムのどたばた放送会社生活、夫のアフカン派兵事件などが比重あるように扱われた。

この渦中に荷島(ハド)が(クォン・サンウ)がお父さんに対する複数とヘリムとの再会のために検査になった後広げる活躍像も描かれた。 また、与党議員のカン泰山(チャ・インピョ)のしっかりしている演説、出生の秘密を大事に保管したチャン・セジン(イ・スギョン)との偶然でない出会いがスピーディーに展開した。

特にコ・ヒョンジョンはソ・ヘリムを通じてドラマ‘善徳女王’の押すに続きもう一度最高の演技力を見せたという賛辞を受けたし、最近物議をかもして憂慮の中に出演したクォン・サンウも演技の好評を受けて不安感を一部分追い落とした。 イ・スンジェ、パク・グニョン、イム・ヒョンシク、キム・イルウ、アン・ソックァン、キム・テウなどの熱演も光った。

SBSドラマセンター関係者は“韓国最初女大統領作りプロジェクト名の‘大物’が放送されるやいなや名前のように大物になって名前の値段を正確にすることになった”として“‘大物’は会を繰り返すほどさらにおもしろい。 最後まで多くの愛をお願いして、他のSBSドラマにもずっと大いなる関心を送って下さったら良いだろう”と期待を頼んだ。



posted by kazu at 18:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | クォン・サンウ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。