2010年10月07日

リュ・シウォン結婚記者会見

art_1286370105.jpg

韓流スター’歌手兼演技者リュ・シウォン(39)が‘老いた未婚男性’紙切れを離して品切他人になる。→Ranking
自身の誕生日の6日明け方、‘奇襲結婚発表’でファンたちをびっくりさせたリュ・シウォンはこの日午後ソウル、漢南洞(ハンナムドン)グランドハイアット ホテルで記者会見を行って結婚をすることになった過程と予備新婦に対して公開した。

26日午後6時記者会見と同じ場所で結婚式を挙げるリュ・シウォンは“私にもこういう瞬間が切り取れと考えもできなかった。 まだ実感しないほど震えて本当にときめく”と所感を明らかにした。

リュ・シウォンは予備新婦に対して“芸能人ではなくて多くのことを公開できなくて申し訳ない”と了解を求めた後“普段理想と考えた女らしくて物静かな友人”と紹介した。 リュ・シウォンの心をとらえた予備新婦は9才年下の舞踊を専攻した一般人で、知人の紹介で初めて会って愛を育てることになった。

彼は“初めから恋人で会ったのではなかった。 しかししばしば会って見たら心が引かれた”として“女らしい雰囲気に皮膚も白くて、常に理想に選んだ女だ。 そして何より互いに似た点が多くて気楽に話もよく通じる”と話した。

日本と韓国を行き来して活動したリュ・シウォンは主に国際電話でデートを楽しんだ。 彼は“国際電話費がとてもたくさん出て結婚をはやく急ぐことになったこと”もあるとしいつも口癖のようにつけて通った四十才になる前に結婚する風を全部成し遂げることになった。

“韓国でも食堂でも映画を見たり一般人らのようにデートを楽しんだが、見つけられなかった。 秘密恋愛に固執したのでもないが親しい同僚らにも話さなかった。 さらに兄やご両親に話をしたのが一ヶ月がまだならない。”

リュ・シウォンは来年春パパもなる。 最近日本でコンサートを終えて韓国に帰ってきて予備新婦に妊娠事実を伝え聞いた。

“びっくりしたのもあるが、本当にうれしかった。 今年まで韓国活動を終えて来年に結婚するつもりだったが妊娠消息を聞いて結婚日を引くことになった。 とても突然決めることになったことだしまだプロポーズをできなくて申し訳ない。 近い将来格好良くする計画だ。”

彼は“結婚は私の人生に最も重要だから模範的な姿をお見せする”として“誠実な夫と良いパパになる”と念を押した。

リュ・シウォンの結婚式媒酌はドラマ‘冬のソナタ’等を演出したユン・ソクホpdが引き受けた。 彼は“何日か前に媒酌をお願いしたところ‘私も結婚して2年だけしかならなかったが可能なのか’で尋ねられた。 ユン・ソクホpdは私がこの道に入るように助けた方”と説明した。 社会は彼の幼い時期親しいのキム・ウォンジュンが、祝歌は後輩キム・ジンピョが引き受ける。





posted by kazu at 07:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | リュ・シウォン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。