2010年07月18日

'悪魔を見た'控えたイ・ビョンホン、'彼が自由でない理由?'



来る8月封切りを前にして‘悪魔を見た’で主役を演じたイ・ビョンホン. 彼は今回の作品で自身の婚約者を殺した犯人を捜し出して狂気じみた復讐するスヒョン役を担った。


だが、キム・ジウン監督とチェ・ミンシク-イ・ビョンホンが一緒にした作品という話題性よりはイ・ビョンホンと彼の前ガールフレンドとの紛争と放送人カン・ビョンギュとの争いなどが言論に集中照明されながらとんでもない側で世論の関心が集められている。 映画に対する関心よりは彼の歩みに報道機関と映画ファンらが耳目が集中していること。

果たして映画封切りを控えた主演俳優の個人史と映画興行との関係はどんなものであるか?。

イ・ビョンホンは以前にも今回のケースと似た経験をしたことがある。 すぐにアイリスだ。 昨年200億ウォン台の製作費とイ・ビョンホン、キム・テヒ、チョン・ジュノ、キム・スンウ、キム・ソヨン、ビッグバン塔(チェ・スンヒョン)等最高級俳優らの熱演で話題になったアイリスは去年の冬視聴率が一時40%に肉迫する人気を享受したことがある。

だが、視聴率40%突破を目前に置いたアイリスは主演俳優イ・ビョンホンの前ガールフレンド事件が起きながら徐々に落ち始めた。 クォン氏が主張した'賭博'などが無嫌疑処分を受けたのにかかわらず、視聴率は劣勢を免れないのだ。

当時一部ではこのような視聴率結果がひょっとして'アイリス'イ・ビョンホンと関連した外部的な要因が作用したためではないかという分析を出すこともした。

このように主演級俳優のイメージは該当作品に興亡を握っているといっても過言ではない。 ‘悪魔を見た’の興行も同じだ。 相当部分が主演俳優のイ・ビョンホンにかかっていると見ることができる。

事実ドラマ'アイリス'撮影会場で暴力を行使した疑惑(共同傷害)等で不拘束起訴されて裁判を受けているカン・ビョンギュ事件と関連'イ・ビョンホン'という(のは)名前三文字がずっと議論される場合、映画興行に相当な影響を及ぼすことは問うまでもない。

また、封切りを控えた状況で映画広報日程度大きい負担でありうる。 主演俳優インタビューなど映画興行に密接な影響を及ぼす日程をイ・ビョンホンが安らかに捉えることができるかという問題だ。

ある映画館口座は"すべてのスポットライトが映画‘悪魔を見た’よりはイ・ビョンホンの個人歩みに集中している。 映画では主人公のイメージが重要だ。 その主人公が裁判所に行ったり来たりすれば神秘感はこわれる。 現実のイメージが映画上のイメージに投影されることができる。 ひとまず見守るべきだがこの部門に影響が及ぶことができる"と話した。

果たしてイ・ビョンホンが最近の困難を払いのけて'韓流スター'にかける合う興行を編み出せるか映画界内外の関心が集中している。

twitter始めました。登録すると短くてタイムリーなニュースが届きます

イ・ビョンホン関連商品

その他のイ・ビョンホン情報

イ・ビョンホン動画集



posted by kazu at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | イ・ビョンホン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。