2010年06月30日

'あたかもチェ・ジンシルのように...'パク・ヨンハ、死亡直前"あまり荷が重い"後輩と通話



30日急に亡くなったパク・ヨンハの最後人生の軌跡が故チェ・ジンシルと似た形という点でファンたちをより一層残念なようにしている。


 29日次期作'ラブソング'の関係者との出会いをパンク内はパク・ヨンハは30日夜遅くまでお父さんの背中と脚をもんでそばを守った。 午前40分ほど席から立ちながら"ごめんねごめんね"という話をした後自分の部屋に入った。

 そして明け方4時頃バスケットチームで親しく過ごす後輩に電話をして"死にたい。 あまり荷が重い"と訴えたことが分かった。

 2008年亡くなったチェ・ジンシルもまた、極端な選択をする前日知人らと軽く夕方食事をした後ママとともに最後時間を送った。

 また、夜明けに知人と通話をしながら苦しい心情を吐露した。 当時チェ・ジンシルの電話声でおかしな兆しを感づいたこの知人はチェ・ジンシルの母親に心配電話までしたが、ついに彼女の極端な選択を防げなかった。

 二人が最後通話をした後首をくくったまま発見されたのも共通点. チェ・ジンシルは浴室で、パク・ヨンハは自分の部屋で派手だった俳優生活を後にして、孤独に亡くなった。

その他のパク・ヨンハ情報

パク・ヨンハ動画集

パク・ヨンハ関連製品



posted by kazu at 10:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | パク・ヨンハ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。