2010年06月30日

パク・ヨンハ、年末日本コンサート企画中だった!



“日本ツアーコンサートを企画中であったのに…”


最近パク・ヨンハが日本ツアーコンサートを準備した事実が一歩遅れて明らかになった。

ある韓流コンテンツ企画会社関係者はスポーツ韓国とインタビューで“パク・ヨンハが今年の末日本全域を回る韓流コンサートを企画していた。 歌と演技あらゆる分野で著しい活躍を行っていて彼の舞台は日本ファンたちから常に愛を受けた。 突然の急報に当惑する”と話した。

パク・ヨンハはその間日本の大型企画会社のポニケニオヌァ合作形態で日本活動にまい進して最近日本企画サインアップフロントの支援の下韓流復興に出た状態であった。 アップフロントは日本の有名コルグループ モニングスメの所属会社で最近エムネットメディアと韓日合作オーディション プログラムを企画するなど韓流スター発掘にも関心を注いだ日本大型企画会社の中の一つだ。 アップフロントは‘ヨン様’ペ・ヨンジュン次に商品性が高い韓流スターで‘ヨナチャン’パク・ヨンハを目をつけてこれと関連したいくつかのプロジェクトを進行したと伝えられた。

パク・ヨンハは去る1994年ドラマ <テーマ劇場>でデビューした後ドラマ <冬のソナタ>ロ国内を越えて日本などアジア圏でスターダムに上がった。 ドラマ <見てまた見て> 映画 <クリスマスに雪が降れば> 等で主演級俳優にのぼった以後2002年KBSドラマ <冬のソナタ>行って人気を集めながらペ・ヨンジュン、チェ・ジウなどと共に韓流を導く特急(特級)スターに成長した。

パク・ヨンハは去る2003年中国に続き日本で歌手でデビュー、本格的な海外活動に乗り出した。 2004年11月発売したシングル <가지마세요>増えた韓国男性アーティスト中初めてオリコンチャート10位圏に上がる気炎を吐いた。 去年7月ミニアルバム を発表しながら粘り強い韓流活動を繰り広げた。

国内で活動も活発だった。 パク・ヨンハは最近ドラマ <オン・エア>、映画 <作戦> などに出演したのに続き映画 <チョムミルミル>ウイ韓国版ドラマ <ラブソング>エ ユン・ウネとともに主人公に抜擢されてカムバックを控えていた。

静寂漂うパク・ヨンハさんの自宅

30093042140_61000090.jpg

故パク・ヨンハ葬儀室、江南(カンナム)聖母病院葬儀場5号室

PP10063000007.jpg

NISI20100630_0003109600_web.jpg

30日午前韓流スターパク・ヨンハが亡くなったまま発見された中で彼がこの日日本に出国を予定したと確認されて遺憾が加える。

この日パク・ヨンハ側によれば彼は何日前までもコンサートで日本に留まっていた。 だが、同じ所属会社俳優のキムムヨルが父親喪にあいながら帰国、韓国に留まってこの日午前日本に出国する予定だった。

これにこの日突然死亡の便りを伝え聞いたパク・ヨンハ側近らは全部信じることができないという反応だ。

彼の出演が確定した韓国版'チョムミルミル'と呼ばれるドラマ'ラブソング'測度衝撃を受けることは同じだ。

'ラブソング'関係者は"わずか1月前ぐらいパク・ヨンハ氏と会ったし全くおかしなそぶりがなかった。 今日死亡の便りが本当に納得が行かない。 なぜこういうことが起こったが衝撃それ自体"と明らかにした。

一方'冬のソナタ','オンエア'などに出演してきた韓流スターパク・ヨンハは30日明け方自身のノンヒョンドン自宅で亡くなったまま発見された。 ソウル 江南(カンナム)聖母病院葬儀場5号室に葬儀室が用意されたし埋葬地は未定だ。

その他のパク・ヨンハ情報

パク・ヨンハ動画集

パク・ヨンハ関連製品



posted by kazu at 09:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | パク・ヨンハ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。