2010年06月09日

ペ・ヨンジュンが直接使った日常のエッセイ&伝統料理レシピ2種類

28976428_2.jpg

“やはりお母さんの朝食卓が最高”


[Star cooking]

普段よりしばらく遅く目を開いた。 それでもまったく起きるのが嫌いだ。 飢餓が感じられるが口の中はカクラだ. 夜遅くまで仕事をして水を飲んだ綿のように引き伸ばしてこのようにもたもたしたい日ならば、誰か無理にでも起こしてよだれ道(ド)は香ばしい臭いが部屋の中いっぱいファジーは生気があふれる‘食卓’を整えてくれればという心が切実だ。 横になったまま思い出させたむなしい想像にフフッと笑いが出てきた。 どうせ毎度のような結論だ。 “今日は〜買って食べよう!”

結構手並みを働かせることができる、自信がある料理もあるが、外側で買って食べる食べ物になじんで見たらこのようにたびたび食欲を失う時がある。 如何に精魂を込めて食べ物を準備する食堂でも家族の愛をたっぷり入れた食卓の誠意をついて行くことはできない役割だ。 すてきな外食の胸のときめきと特別な味の驚くべき喜びはそれなり価値がある。 だが、日常の単純さが大きい意味を与えられるように、毎日整えて食べる単純素朴な家庭食が私の活力の根本ではなかったのかしたい。 私の人生の大部分は家で食べる単純なご飯とおかずで満たされたのではないのか。

幼い時には知らなかった。 好むおかずにだけ気をとられたところで、その食卓が私の前に置かれるまでどんな過程を経たのか、作って頂いた方がどんな時間を送ったのか、まったく関心がなかった同じだ。 突然忘れて過ごした懐かしさがいきなり押し寄せた。

騒々しいことがあろうが大変なことがあろうが湯気がホカホカでる食卓に向かい合って共に座れば日常の心配憂いは煙のように消えた。 勝ち抜く力が出るようにした。 ふとんをかぶって全身で災いを表現していてもただ“ご飯食べてまた育って”であった。 食事は欠かすなというお母さんの俗情だった。 それが食卓の妙な力だった思い出す。 “ご飯心耳最高だ。”違うものはなくてただご飯食べることが生活の中心だというようなその言葉が幼い時は不満そうなだけだった。 だが、飲料水(植樹)年間一人だけの生活を持続してきた今にきては頭がうなずく。 家族、共にご飯を食べる甘いこと、それが家族の他の名前ではなかったか。

私が20代にご両親の中を離れて生活することになったことはあなた方を気楽にして差し上げたい心のためだった。 だが、永らくわずかな楽しみを差し上げることができないのが不孝でなかったようでこの頃はご両親にあれこれお願いすることが多い。 私は以前にたくさんできなくなってみた不平を言って、また、ご両親はわざととがめる剃刀する。 ご両親がそのように話と情をやりとりする過程を喜ばれるようで幸運だ。

ペ・ヨンジュンが直接公開した伝統料理レシピ2

お母さんに学んだオイソバギキムチ

[準備材料]

キュウリ10個. 塩適当量、薬味(みじん切りにしたニンニク1大さじ、ニラ200g、ネギ・玉ネギ100gずつ、粉トウガラシ4大さじ、イワシ額的2大さじ、砂糖1 1/2大さじ、塩若干)

[作り方]

1キュウリを流れる水にきれいに洗って両端の取っ手を切り出して2等くやしかった後一方の端を少し残して+者形に切る。

2切っておいたキュウリに塩2大さじをばらまいて二時間程度漬けた後ふるいに入れて水気を抜く。

3ニラ、ネギ、玉ネギを1cm大きさで切って、分量の薬味材料を入れてよく混ぜる。

4節のキュウリに薬味を適当に入れて勇気に入れて一日程度室温に保管した後冷蔵庫に入れてけるようにする。

私だけのキムチジョン

[準備材料]

白菜のキムチ・キムチの汁・小麦粉1カップずつ、イカ1匹、玉ネギ・卵1ヶずつ、水1/4カップ. 醤油1小さじ、塩1/3小さじ、食用油適当量

[作り方]

1キムチは牛を払いのけた後0.5cm幅で細かく切る。

2イカは胴の皮をむいて横0.2cm、縦0.3cm大きさできれいに千切りにして、アイロンをかける踏み台を除去した後0.5cm大きさで細かく切る。

3玉ネギは皮をむいた後流れる水に洗って水気を除去してきれいに千切りにする。

4ボールに細かく切ったキムチ、イカ、玉ネギ、卵、キムチの汁、小麦粉、水を入れてよくコッは後醤油と塩で塩味をつける。

5熱したパンに油をまいてCの練り粉を1大さじ浮かび上がって薄く展開した後中火で前後で黄色く焼く。

ペ・ヨンジュンの <韓国の美をたどる旅>の・・・

我が国各分野の代表妻の父らと伝統文化、そして、見どころ豊富な各地域に至るまで韓国の多様な文化と風景を素朴な旅行者ペ・ヨンジュンの暖かい視線で表わした。 俳優ペ・ヨンジュンの多情多感な感性で韓国の情緒を細心に描写したのが特徴だ。

忘れられやすくて、後まわしに押されやすい‘昔のこと’. 現代的でなくて多少古く見えたり、見慣れなく見えたりもする‘伝統’をペ・ヨンジュンが奥深くて深みある文化で紹介する。

文&写真・ペ・ヨンジュン <韓国の美をたどる旅>より抜粋

その他のペ・ヨンジュン情報

ペ・ヨンジュン動画集

ペ・ヨンジュン関連商品



posted by kazu at 22:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペ・ヨンジュン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。