2010年05月04日

シア・ジュンス、ソロPVフルバージョン公開



シア・ジュンスの日本ソロ アルバムPV(Promotion Vedio)映像フルバージョンが公開された。


 去る2日ソロ シングル収録曲'カナシミノユクエ(悲しみの行方)'と'イントクシケイション(Intoxication)'のPV映像が公開された。 'カナシミノユクに'は日本TBSが製作した12部作ドラマ'5年後のラブレター'のOSTタイトルに選ばれて話題を集めた曲で、白黒の映像が濃い孤独感を伝える。 目を引くのは'イントクシケイション'. 強烈なダンス曲に合わせたシア・ジュンスのセクシーな振付け師引き立って見える。

 特にあるファン(パン)は後半部にひざまずいてリリースする振りつけにプラウナイドゥゴルス'アブラカダブラ'音楽を挿入して関心を引いている。 ひざまずいていながらにしてジャケットを開け閉めする振付け師'アブラカダブラ'のビットとぴったり合致したこと。

 この映像を見たネチズンらは'シンクロ率大当たり','作った人も能力者' 'セクシーなシア・ジュンス'という背中熱い反応を見せた。

 一方シア・ジュンスは来る22日東京、代々木第1体育館で開かれる'2010少女アワード'に参加、東方神起脱退後初めてのソロ舞台を整える。

 日本産経スポーツは3日"シア・ジュンスが日本でソロ歌手でデビュー、22日東京、代々木第1体育館で開かれる日本最大規模のファッションおよび音楽イベント'少女アワード'にゲストで出演する。 約1万 5000人余りの観客の前でシングル収録曲'イントクシケイション'をリリースする予定"と伝えた。

 引き続き"少女アワード側は'渋谷からアジアに、そして世界に'という授賞式テーマがシア・ジュンスの再出発場所でよく似合うとし出演を提案したしシア・ジュンス側は喜んでこれを受諾した"と付け加えた。

 シア・ジュンスは"久しぶりに大きい舞台で一人で歌うことが緊張もなるが楽しい"として"皆さんが満足されるパフォーマンスをリリースできるように努力するだろう"と明らかにした。

シア・ジュンス:Intoxication






posted by kazu at 18:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東方神起
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。