2010年05月03日

東方神起ジュンス、ユンホ情報



東方神起のソロ活動のニュースがやはり増えてきました。今日はジュンスとユンホの話題です。


シア・ジュンス、22日日本ソロ舞台お目見え、東方神起活動中断以後初めて

201005030824181001_1.jpg

シア・ジュンスが東方神起活動中断以後公式的な初めてのソロ舞台で本格的な活動の火ぶたを切る。

日本主要新聞はシア・ジュンスが'XIAH junsu'という名前で来る5月22日日本で初めてのソロ舞台を持つと5月3日報道した。

シア・ジュンスは東京、代々木第1体育館で開かれる'少女アワード2010'(GirlsAward2010)にゲストで参加する。 シア・ジュンスは約1万5、000人観客の前で来る5月26日発売されるソロ デビューシングル'XIAH'の収録曲'Intoxication'をリリースする。

少女アワード側は"今回の授賞式テーマが'渋谷からアジアにそして世界へ'だ"として"そのためにアジアで人気のあるシア・ジュンスの再出発場所でよく似合うと考えて提案した。 シア・ジュンス側も喜んで受諾した"と打ち明けた。

シア・ジュンスが東方神起活動中断以後初めてのソロ舞台を持つのは今回が初めてだとその意味が格別だ。 シア・ジュンスは日本報道機関とインタビューを通じて"久しぶりに大きい舞台で一人で歌を歌わなければならないストレスもある"として"素晴らしいパフォーマンスで多くの人々を満足させられるように努力する"と伝えた。

ユノ・ユンホ、上海エキスポ1億ファン会う

20100503000512_1.jpg

東方神起リーダーユノ・ユンホが2010中国、上海エキスポで上映される韓中合作映像‘コーラス シティ’を通じて来る10月31日まで1億人余りの観覧客と会う。

ユノ・ユンホが主人公で出演する今回の映像は去る1日開幕した上海エキスポ韓国館のハイライトと評価される劇場施設‘コーラス シティ’で上映される実態調査と3Dアニメーションが合成された12分映像で、韓国と中国の友情、和合のメッセージを伝える作品. 映像の題名でもある‘コーラス シティ’は韓国、中国が共に作った未来都市で人々の望みどおり都市を変化させるウィシメイコドゥルが事故(思考)でバレリーナの夢を失った少女の希望を取り戻してくれるという感動的なストーリーが含んでいる。 映画‘ビット’ ‘太陽はない’のキム・ソンス監督が演出を引き受けて話題になっている。

特に今回の映像には中国はもちろんアジアでの高い人気で主人公に抜擢されたユノ・ユンホはもちろんスーパージュニア始原、東海(日本海)、ウニョク、キュヒョン、リョウクとスーパージュニア-M調味、ヘンリー、そして新鋭コルグループ エフ エックスも参加した。 上海エキスポ観覧客と一緒に韓国音楽ファンたちも大挙集まって大変なにぎわいを成し遂げると期待される。

2010上海エキスポは192ヶ国参加、予想観覧客1億人という史上最大規模を自慢して、10月31日まで6ヶ月間進行される。





タグ:東方神起
posted by kazu at 11:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東方神起
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。