2009年12月20日

イ・ビョンホン,"5日不眠,東京ドーム震えたのも分からなかった"



韓流フォーカード'日本ファンミーティングに参加した俳優イ・ビョンホンが行事を行った所感とエピソードを打ち明けた。


イ・ビョンホンは18日夕方ソウル,清潭洞(チョンダムドン)某飲食店で開かれた'アイリス'製作打ち上げ会で記者と会って'韓流フォーカード'ファンミーティングと関連した話を取り出した。

イ・ビョンホンは17日,昼間12時30分から開催されたファンミーティング行事を無事に行った後,18日午後7時頃金浦(キンポ)空港を通じて帰ってきた。 製作打ち上げ会は夕方7時だったが交通事情などのためにこの日夜9時が越えてこそかろうじて姿を表わしたイ・ビョンホン.

イ・ビョンホンは一層やつれた顔だが明るい微笑で取材陣に会った。 金浦(キンポ)空港におりるやいなや製作打ち上げ会に来たイ・ビョンホンは"とても疲れたでしょう"という質問に"今は大丈夫だ。 疲れたのも忘れた"と話した。

イ・ビョンホンは日本ファンミーティングが開かれる17日午前までも'アイリス'最後の撮影を進行した後,ウォンビン,ソン・スンホン,チャン・ドンゴンより一歩遅れてようやく日本に到着することができた。 ほとんど五日ほど睡眠をまともにとれないまま日本舞台に上がったイ・ビョンホンは"事実とても眠たくて大変だった。 人が寝ないで持ちこたえることができる限界がおよそ3日ほどだと思ったが... 5日もなったよ"として"詰めの撮影がとても忙しいために私を含んだ現場スタッフらが睡眠をとても寝られなくて仕事をした"と大変だった作業を回想した。

引き続き"どの程度だったのかすれば... 本来(私は)舞台に立てば震える体質だ。 いくら観客が小さい舞台でも緊張になるのに日本,東京ドームはどうだったか"として"数万人ファンたちが誤信席であった。 当然震えることができたが舞台に上がる瞬間,一つも震えなかったよ"と話した。 いぶかしがる記者に彼は"5日頃睡眠も寝られないうえに我を忘れて日本に飛んで行くスケジュールが続いて見たら風邪薬を飲んでぼんやりしている気持ちというか? とにかくもうろうとした状態そのままであった。 そのまま東京ドームに上がった。 ところで珍しいのはぼんやりしていた精神が数万ファンたちの歓呼にすぐ鮮やかになったこと"と説明して笑った。

イ・ビョンホンは最近人気ドラマ'アイリス'作業と前ガールフレンドとの訴訟件がかみ合わさって精神的肉体的に非常に疲れた状態. 東京ドーム ファンミーティングに同行した'アイリス'製作会社太原エンターテイメント チョン・テウォン代表は"個人的にも難しいことが多かったが最後まで熱心に撮影をしてくれたイ・ビョンホンにありがとう。 本当に超人的な力で耐え忍んだこと"としながら賞賛を惜しまなかった。

一方イ・ビョンホンは今週末短い休息を取った後21日午後3時ソウル国会議員会館大会議室で開かれる'第10回2009大韓民国国会対象'授賞式に特別賞受賞者で参加するなど公式日程を消化する予定だ。

ネット最安値を比較して買う!

イ・ビョンホン 20th Anniversary

G・Iジョーメイキング

韓国TVの無料視聴:KBS

ネット最安値を比較!アイリスナビゲートDVD

ネット最安値を比較!I come with the rain DVD

posted by kazu at 09:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | イ・ビョンホン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。