2009年11月23日

‘アイリス’イ・ビョンホン,目負傷した事実一歩遅れて知らされて



俳優イ・ビョンホンがKBS2水木劇‘アイリス’撮影途中、目に負傷した事実が一歩遅れて知らされた。


イ・ビョンホンが‘アイリス’ 11回で放映された聖堂銃撃シーンを撮影する当時銃が発射されて出てきた火薬が自身の左側目に入ってややもすると大きい負傷につながるところだったこと。 事故当時イ・ビョンホンは目を開くことができなくて引き続き涙が流れるほど深刻な状況だったがスタッフらの応急処置で幸い大きい負傷につながることはなかった。 該当場面は劇中線画(キム・ソヨン)にご両親の暗殺に対する話を聞いた賢俊(イ・ビョンホン)が自身を育てた新婦を訪ねて行く場面で白山(ペクサン)(キム・ヨンチョル)の部下らと銃撃を行うシニだ。

製作陣は銃撃やアクション場面が多くて安全事故に常に備えていたがイ・ビョンホンの負傷事故以後安全により一層格別の神経を傾けていると分かった。

ネット最安値を比較して買う!

イ・ビョンホン 20th Anniversary

G・Iジョーメイキング

韓国TVの無料視聴:KBS

ネット最安値を比較!アイリスナビゲートDVD

ネット最安値を比較!I come with the rain DVD




posted by kazu at 10:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | イ・ビョンホン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。