2009年08月09日

クォン・サンウ、ハリウッド進出ならず

200908091048022300_1.jpg

俳優クォン・サンウがハリウッド進出を打診した映画'グリーンホーネット(The Green Hornet)'に惜しく出演できない。


8日(韓国時間)米国映画専門紙'バラエティー'は台湾俳優周杰倫が'グリーンホーネット'の原作でブルース・リーが引き受けたカトー役にキャスティングされたと報道した。

'描いたホネット'の製作会社コロンビアピクチャースは'グリーンホーネット'が2010年封切り予定で今秋から撮影に突入して周杰倫のキャスティングが確定したと公式発表した。

'グリーンホーネット'は去る1966年TVシリーズで作られて,ブルース・リーを世界的なスターで作った作品だ。 探偵描いたホネットの助手兼運転手カトー逆に出演したブルース・リーは黒い色覆面を使って幻想的なカンフー演技をした。 このTVシリーズはブルース・リーがワールド スターになった1974年劇場用映画でまた作られた。

今回の'グリーンホーネット'はその作品のリメークで当初チュ・ソンチがメガホンを取って直接ブルース・リーが演技したカトー役を担う予定だが,チュ・ソンチが監督で降板したし自然にカトー役が空席になって,クォン・サンウが嘱望されて,話題を集めた。

だが結局映画'話せない秘密' 'カンフートンク'などに出演した台湾俳優周杰倫にこの駅に帰った。




posted by kazu at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | クォン・サンウ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。