2009年07月25日

クォン・サンウがハリウッド進出



クォン・サンウさんがハリウッド映画に出演と報じられています


クォン・サンウがラブコールを受けたハリウッド映画'グリーンホネット'のカトー役は本来チョウシンツ(チュ・ソンチ.周星馳)の持分(役割)だった。 チョウシンツは'グリーンホネット'の演出と共にカトー役を担うことにしたがコミュニケーション問題で下車した。

アジア出身俳優としてハリウッド進出のためにはクォン・サンウやはり'英語'という言語障壁を跳び越えることがカギだ。

クォン・サンウは交替させられたミッシェル コンドゥリ監督が参加した中で英語オーディションを見た。 コンドゥリ監督は映画'ピカインドゥ リワインド','エターナル サンシャイン','ヒューマン ネイチャー'などを演出したフランス出身の有名監督であり製作者だ。

主人公で確定したセス ローガンと英語で大使をやり取りしてオーディションを見た。 英語セリフがとても多かったし相手俳優が突然のアドリブを投げたりもしたという。 別に発音矯正も受けたと伝えられる。

クォン・サンウの出演可否は1ヶ月後程度に最終決定されるものと見られる。 映画は9月から本格的な撮影に入って,2010年封切りする予定だ。 スーパーマン・スパイダーマン・アイアンマンなどスーパーヒーロー映画の系統を引継ぐ代作(大作)になると期待される。 メジャー映画会社のソニーピクチャースで製作する。

米国映画専門サイトIMDBにはセス ローガンの他に'ケソバン'ニコラス・ケイジとキャメロン・ディアスが出演するとされている。 各々悪党きて,女主人公を引き受けるものと見られる。

'グリーンホネット'は米国で1930年代ラジオ ドラマで初めて放映されて,旋風的な人気を呼んだし,1940年代には二編の映画で製作されたことがある。 この後マンガ本とTVシリーズにも脚色されて多くの愛を受けた。 特に1966年ABC放送会社で製作されたTVシリーズはブルース・リーを背中にひっくり返して旋風的な人気を享受することもした。

'グリーンホネット'は主人公が昼間にはお父さんの会社を受け継いだ新聞社編集長プリッ レイドゥで生きていって夜には黒いマスクを使ってグリーンホネットに変身して,悪党らを掃討するという典型的な英雄ストーリーだ。

クォン・サンウは提案受けたカトー役はグリーンホネットの部下であり運転手だ。 最先端自動車'ブラック ビューティー'を運転する。 ブルース・リーはこの役を通じて派手なカンフーアクション演技で世界的なスターになる踏み台を用意した。

こちらはブルース・リーの「グリーン・ホーネット」





posted by kazu at 11:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | クォン・サンウ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。