2009年06月12日

チュ・ジフン日本ファンら涙の署名運動



○薬投薬疑惑で起訴された俳優チュ・ジフンの日本ファンたちがチュ・ジフンのための署名運動を行ったと分かった。




チュ・ジフンの所属会社余白エンターテイメントによれば最近チュ・ジフンの日本ファンたちはチュ・ジフンに署名運動サインブックを送ってきた。 このサインブックは日本ファンたちが直接署名したことで“私たちはあなたに多くの幸福を受けました。 今回は私たちがあなたにお返しする回です”という内容がハングルで作成されていると分かった。

所属会社側はチュ・ジフンが署名運動サインブックを受けて涙を流してファンたちにより一層申し訳ない思いを感じて惜しんだと伝えた。

去る4月チュ・ジフンの○薬の便りが伝えられた後彼の日本ファンたちによって所属会社は事実可否を尋ねる電話問い合わせが殺到したし日本ファンたちはチュ・ジフンを信じるという意味でインターネット署名運動を開始,署名が入れられたサインブックを所属会社に送ってきた。

知らされたことと違いチュ・ジフンが熱演した映画‘エンティク’は日本,東京など大都市を中心に長期間上映されて良い反応を得ていると伝えられた。

チュ・ジフンをスターダムに上げておいたドラマ‘宮’は数年目日本放送会社を通じて,放映されてきたし,現在‘宮’を放送中である放送会社ポクスライプ側は“放映することに問題がない”という立場を表明した。

日本のあるエンターテイメント関係者はチュ・ジフンの状況を鋭意注視して“スターの道徳性などを優先でする日本大衆文化が麻○事件にかかわった他国の俳優にこのように寛大に映画上映まで許諾しているということは非常に異例なこと”と話した。

一度ファンになれば永らくスターに対する愛を維持する傾向がある日本ファンたちの特性上チュ・ジフンのファンたちは署名運動を展開して熱い関心を送っていると見られる。

一方チュ・ジフン側は10日報道資料を通じて“○薬投薬疑惑で物議をかもしたことに対して責任を痛感している”として“どんな方法ででも社会的な責任を受けて良いことをしながら罪に対する代価を払うだろう”と伝えた。

その他のチュ・ジフン情報

チュジフン関連動画



posted by kazu at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | チュ・ジフン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。