2009年02月10日

ソ・ジソプ新ドラマ制作発表、日本ファン大量一挙入国はならず

pp_65601_1_1234163677.jpg

SBS新しい水木ドラマ'カインとアベル'(脚本パク・ケオク・演出キム・ヒョンシク)の製作発表会が来る13日清州(チョンジュ)国際空港ロビーで進行される予定の中で'韓流スター'ソ・ジソプの日本ファンたちが大挙清州(チョンジュ)国際空港を通じて,入国しようとしたがチャーター機問題が支障をきたして失敗に終わったと分かった。


当初ソ・ジソプの日本ファン250〜300人は13日午後2時清州(チョンジュ)空港ロビーで開かれるSBS新しい水木ドラマ'カインとアベル'の製作発表会を祝うためにチャーター機を用意して,韓国に入国する予定だったが日本側で支障が醸し出して,航空会社と清州(チョンジュ)空港の日程が不如意で不発になったと伝えられた。

これに日本ファンたちはソ・ジソプのテレビ劇場復帰作の発表会席に直接参加するために仁川(インチョン)空港を通じて,入国して,清州(チョンジュ)を訪問する予定だ。

ソ・ジソプの日本ファンたちは昨年'ヨン様'ペ・ヨンジュンが文化勲章を受ける当時ファンたちがチャーター機で清州(チョンジュ)を訪問したことと同じように入国しようとしたが機会を得られなかった。

ソ・ジソプの日本ファンたちは製作発表会に参加して,ソ・ジソプとの出会いと近隣地域観光など2泊3日の日程を持った後帰る予定で知らされている。

去る1月から現在まで定期国際路線が事実上切れた清州(チョンジュ)空港関係者と忠北道(チュンブクト),清州市(チョンジュシ)などは'ソ・ジソプ効果'などが清州(チョンジュ)空港の活性化に一助となることと内心期待したが物足りなさだけ残ることになった。

清州(チョンジュ)国際空港関係者は"ソ・ジソプなどのドラマ撮影が清州(チョンジュ)一帯でなされて,アジア圏で清州市(チョンジュシ)を探す観光客が多くなること"としながら"地域名所のブランド価値上昇と地域経済活性化にも大きい影響を及ぼすだろう"と期待した。

来る18日初回放送するドラマ'カインとアベル'は外科医師兄弟の招引(ソ・ジソプ)とソンミン(シン・ヒョンジュン)の葛藤を描いた20部作で中国ロケーションを含む,総製作費75億ウォンが投入された。

一方清州市(チョンジュシ)と忠北道(チュンブクト)は'カインとアベを'が清州(チョンジュ)街路樹の道,無心川,上党(サンダン)山城,清州(チョンジュ)空港など清州(チョンジュ)圏を中心に撮影が進行されて,地域イメージ向上と名所化推進に大きい助けを受けると期待して,製作費5億ウォンを協賛するなど全面的な支持を約束した。




タグ:ソ・ジソプ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。