2008年11月14日

「神の雫」日本で先に製作・放映決定、ペ・ヨンジュンへの影響は??



韓流スター、ペ・ヨンジュンさんが次回作として予定している日本漫画が原作のドラマ「神の雫」が日本で先に製作・放映される事になりました。これによって、ペ・ヨンジュンさんへの影響がどう出るか、という内容の記事が報道されています。


韓流スターペ・ヨンジュンが‘太王四神記’次の作品で選択したドラマ‘神の水滴’が日本で先に製作される。
日本のスポーツ報知新聞は13日付で“日本でワイン症候群を起こした人気漫画を原作にするドラマ‘神の水滴’が来年1月日本テレビを通じて放送されて,人気アイドルグループ カットゥン メンバーの亀梨和也(22)が主人公を引き受けた”と報道した。
ペ・ヨンジュンは所属会社のBOFの子会社のキーイーストを通じて‘新人水滴’のドラマ製作に関する版権を締結したと発表した後‘神の水滴’製作と出演を準備していた。
原作者赤ん坊タダシ兄弟姉妹は主人公‘遠峯一青’キャラクターを設定する時,今後ドラマ化を念頭に置いてペ・ヨンジュンに似るように描いたと明らかにしたこともあると知られた。
‘神の水滴’が日本で先に放映することになったことに対してペ・ヨンジュン側は“役に立つようだ”という予想をしている。
BOFのヤン・クンファン理事は“悪い影響よりはとても役に立つようだ。 視聴者に対して学習できる部分もあるだろう”としながら“日本で先に作って私たちがリメイトするのではない。 日本ドラマと私たちのドラマはストーリーが完全に違うこともできる”と話した。
ヤン理事は“日本は通常8〜10部作で作るが私たちは基本が20部作だから私たちがディテール一部門はさらに見せることができる”と付け加えた。
現在韓国版‘信義水滴’は韓国内ドラマ製作版権確保と初期企画意図程度だけそろえている。 作家とPDは選定中だ。 原作を脚色して,新しい内容がたくさん追加される可能性が高い。
だが一部では原作が同じドラマが日本で先に製作されることによってペ・ヨンジュンのドラマは新鮮度が落ちるという予想も出てきている。
ペ・ヨンジュンが出てくるドラマは日本市場を大きく見ているだけに日本先に放映がキム引きになることができるだろうという予測だ。 最小限の題名程度は変えなければならないということだ。
だが日本のペ・ヨンジュン ファンたちには日本俳優が出演する‘神の水滴’とペ・ヨンジュンが演技する‘神の水滴’がどのように違ってから比較しながら見るならば日本先に放映はむしろ雰囲気を盛り上げる効果を持ってくることもできる。

THE FACESHOP

Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

↓この記事を見ている人は他にもこんな記事を見ています

あなたのブログを宣伝しちゃおう!!
韓流ショップニュース速報掲示板

韓流ショップの携帯サイトがオープン

ペ・ヨンジュン動画集随時更新中!

その他のペ・ヨンジュン関連ニュース

太王四神記無料視聴

ペ・ヨンジュン関連商品


posted by kazu at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペ・ヨンジュン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。