2008年09月05日

ソン・スンホンインタビュー(動画)



韓流スター、ソン・スンホンさんのインタビューです。




''エデンの東''で5年ぶりにTV復帰ソン・スンホン"ロマンチック行きイメージでは限界…変わってこそ生き残って,オールドボーイのミンシク兄同じ演技者なりたくて"どんよりして薄黒い顔色にペコンと入ったボール,整えなかった鼻ひげまで。 クン入隊前まで繊細な'ロマンチック行き'でテレビ劇場で成功ありったけの力を込めたソン・スンホン(32)は整うように違っていた。

5年余り万の復帰作MBC 'エデンの東'で彼はお父さんの怨みを晴らすためにアジアの手挙げられるマフィアになる主人公イ・ドンチョル役を担った。

初回ですでにお父さんを殺した新兌換(チョ・ミンギ)をバイクに追いかけて行って怒りを吹きだす場面で"表情演技が生きている"という賛辞を受けた。 子役ら好演で視聴率が4回ぶりに20%近く上がった中で彼は8日5回から本格登場する。

先月31日ソウル 江南(カンナム)のあるカフェで会った彼は"ドンチョルが担った人生の重さがとても重くて演技するので手にあまる時が多い"としてため息を吐いた。

"手にあまった感があります。 過去私がドラマである役割ということがかわいらしい女と愛けんかをして何の男が妨害をすれば対抗して争う程度だったのではないですか。 ところで今は敵会っては火一緒に爆発しなければならなくて家族らには限りなく暖かい人になるべきで,その渦中に女性らと愛もしなければならないから…."



'エデンの東'は線太い時代劇. ソン・スンホンは"変わらなければ生き残ることはできない"という切迫した心境で軽快でなじむトレンディードラマの代わりに重くて見慣れない世界に足を入れた。

"ファン10人中に8人は'エデンの東'出演を反対しました。 だが私は久しぶりにドラマに出てくるのに既存の姿と違ったのが一つもないという話を聞くのが本当に嫌いだったんですよ。 その間あれこれ経験もたくさん積んだがもう俳優にならなければならないですね。"

デビュー14年目だが,彼はまだ演技よりは容貌に傍点がつけられている演技者. そのまた自身を"ビジュアルが先に浮び上がった演技者"として"もうビジュアルで受けた関心を捨てるべきである時"といった。 "ドンゴン兄,ウソン兄,ビョンホン兄も容貌に先に浮かび上がった俳優らなのにもう演技力に最高接待を受けている"として"私もその道に沿って行きたい"と付け加えた。

最も尊敬する俳優は映画'オールドボーイ'のチェ・ミンシクだ。 "韓国俳優の演技を見ながら,全身に鳥肌が出たことは'オールドボーイ'中チェ・ミンシク先輩が唯一でした。 舌を切って嗚咽する姿を見ながらみすぼらしいチェ・ヨンギが恥ずかしくなったのです。 私はいつ頃そのような演技ができましょうか? 結局自分自身との絶え間ない戦いでしょう。"

95年ジーンズ モデルでデビューして,MBCシチュエーションコメディ'男3人 女3人'でびっくりスターになったソン・スンホン. 彼は"準備にならない状態で特別な悩みなしで演技を始めたし今でも数多くのファンたちが私に拍手を送って下さる現実が実感できない時がある"とした。

用心深く軍隊の話を取り出そう"兵役不正にかかわったことは私が生まれて,ある行動中に最も後悔すること"としながら"人が欲張らずに道理に従って生きなければならないという考えをクンでたくさんした"とした。 紆余曲折の末入隊した軍隊だったが,彼には'精力剤'同じ時間だった。

彼は"努力したこと以上の声援を送るファンたち"を見てさらに激しい演技を念を押すほかはなかった。 毎週2〜3回ごとリンゴボックスらに含まれて配達された手紙は2年間数万通に達した。

彼が除隊する当時駆せ参じた数千人日本ファンたちを見れば確認できるように,彼はペ・ヨンジュンのように国内よりは日本でさらに人気があるスターだ。 "私演技を見て韓国留学まで来る日本ファンたちを見れば幸せでまた肩が重くなる"とした。

彼はこれから単純だと考えて演技しようとする。 彼の名前を日本にまで広く知らしめた'秋の童話'のユン・ソクホPD忠告に従ったのだ。 "大使や表情を格好良く計画しようとせずにただ真剣に演技すればそれだけだといわれました。 もうそのような演技を見せることができる時がきたようです。"

31日午後除隊後'エデンの東'でブラウン管にカムバックしたソン・スンホンが新しいドラマで引き受けた'冬鉄'役割に対して話している。

↓この記事を見ている人は他にもこんな記事を見ています

韓流ショップ携帯版

その他のソン・スンホン関連ニュース

ソン・スンホン動画集(随時更新中!)

ソン・スンホン関連商品



posted by kazu at 08:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソン・スンホン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。